【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年11月11日

ハイヒールで買い物をすると購買決断が変わる

体の平衡バランスを意識すると買い物行動が変わるそうです。テレビなどの大きな商品を買うとき以下の3つに意識することがいいそうです。レビューを読む、価格を比較する、そしてハイヒールを履く。もしハイヒールが嫌なら、エスカレーターに乗ったり、Wii Fit をしたり、ヨガクラスの後に買い物に行ったりするとよいそうです。


このバーミンガム・ヤング大学のジェフ・ラーソンとダレン・ビレターの実験(Brigham Young University, Jeffrey Larson, Darren Billeter)では体の平衡バランスを意識した顧客は買い物判断においてもよりバランスの取れた決断をするという結果が出ました。

テレビの買い物において

32インチ 300ドル

42インチ 450ドル

50インチ 650ドル

という選択肢があるとき、バランス運動をした顧客の多くが42インチを選びました。体のバランスを意識した顧客が決断においてもバランスを意識するという結果になりました。


今回の実験では参加者はイスにもたれながらオンラインショッピングをしたり、Wii Fit をしながら、買い物についてのアンケートに答えたり、プリンターの買い物において片足立ちで決断をしたりして、体バランスと決断バランスの関係性を調べました。

ラーソンとビレターの考察ではこれら以外にもクルーズ中にマーケティングの決断をする場合や雪で地面が悪い中を歩いた顧客の買い物行動にも同じことが当てはまると述べています。最も重視したい点は体に働く力(バランスなど)が私たちの考え方に影響しているということです。

体と思考の関係性、比喩の力といった面において興味深い実験結果だと思います。





参照
http://news.byu.edu/archive13-aug-highheels.aspx
posted by ヤス at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック