【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2013年09月03日

グリフィス、失敗じゃない。スポーツ心理学、野球への応用

グリフィスはシカゴ・カブスには貢献できませんでしたが、その後も心理学は野球にも応用されます。

大きな流れを書いていくと、グリフィスから10年ほど後の1950年、ニューヨークの心理学者・催眠術師、デヴィッド・トレーシー(David F. Tracy)がセントルイス・ブラウンズに雇われます。

1950年代、ブラウンズ球団スカウトのジム・マクローリン(Jim McLaughlin)は1930年代にグリフィスが提唱していた科学的視点を選手に教えます。

1960年代、フィラデルフィア・フィリーズは、デラウェア大学と協力して野球へのリサーチプログラムに取り組みます。

1970年代、カンザスシティ・ロイヤルズは野球の技術向上のために科学ベースのアカデミーを創立します。1980年代までに、アスレチック・モチベーション・インベントリーはプロの野球スカウトや監督にとって主流の計測ツールとなります。

1980年代、当時のシカゴ・ホワイトソックス兼オークランド・アスレチックスのマネージャ、トニー・ラルッサ(Tony LaRussa)は選手ベンチにコンピュータやデータベースを導入します。

このように、グリフィスの功績はカブスでの不成績に終わったと思われるかもしれませんが、多くの人はそれでも彼の作った「バッティング・フォーム」の原型は残されて、その後の研究者がそれを発達させていったという見方をしています。

そして今ではそういった心理学的アプローチがプロ野球では当たり前となっています。



スポーツ心理学に興味がある方は以下がオススメです。
スポーツ心理学入門 (心理学エレメンタルズ)
最新スポーツ心理学―その軌跡と展望

参照
http://psychcentral.com/blog/archives/2011/07/15/sport-psychology-and-its-history/
posted by ヤス at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック