【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年10月27日

在宅勤務はワーク・ライフ・バランスに好影響

今日の効率性と生産性を高く求められる社会において最適なライフ・ワーク・バランスを保つことは非常に難しくなっています。




アラバマ大学バーミンガム校(University Alabama at Birmingham)の専門家は効率性を高め、従業員の個人の幸せ、また働くモチベーションを高める手段として在宅勤務を勧めています

ヤフーは在宅勤務はスピードと仕事の質を下げるとの見解を持っていますが、スコット・ボヤー博士(Scott Boyar)はそれは一概には言えないとしています。

ボヤーによると在宅勤務の出来栄えを決めるのに会社に大きな責任があるとともに社員にも大きな責任があり、以下の質問がその明確化に役立つと言います。

・仕事を家庭環境に持ち込むことは自分に合っているか?

・一日を通して、自分の時間を上手に管理し、働くモチベーションを維持できるか?

・さぼりたいという気持ちに打ち勝つことができるか?


例えば、子育てをしないといけない人は、子供が起きる前に働いて、彼らを学校に送ってからまた働いて、彼らを迎えに行って、彼らの午後の活動をサポートして、その後、また働くことができる。また、在宅勤務は通勤時間の短縮、それに伴う環境コストの削減を挙げています。

また、在宅勤務の環境が整っていれば、職場よりも邪魔が少なく仕事ができます。職場では仕事中に他の社員が話しかけてきたりそれで仕事の効率が落ちることがよくあります。在学勤務ではそれを防ぐことができます。

しかし、そういった他社員とのふれあいが職場の充実度を高めるのも事実です。従って、ボヤーは職場で働くことと在宅勤務を両立することが最適だと述べています。

「会社は在宅勤務やフレックスタイムを頭から否定するのではなくて、従業員ハッピーと会社全体の効率性を考えて柔軟に取り入れて行くべきだ」とボヤーは結論付けています。

あなたの市場価値はどれくらい?無料登録で診断してもらいましょう!>>リクナビNEXT



参照
http://psychcentral.com/news/2013/10/01/telecommuting-can-improve-work-life-balance/60146.html
posted by ヤス at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック