【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2013年10月14日

心の痛みは体の痛みよりも残る。大脳新皮質が原因?

言葉が心にもたらす影響についてよく考えますが、2008年にこんな実験がなされていました。

パデュー大学などの研究者たちが肉体的な痛みと社会的出来事に影響する心の痛みの違いを調査したところ、人間は肉体的な痛みは時間によって忘れるものの、心の痛みは記憶を思い出す度に再構成されることがわかりました。

心が痛い時は、湯の花エキスでじんわり癒しましょう。さっぱりする入浴剤。
温泉に限りなく近い入浴剤「るんるんの湯」


この実験には4つの過程が設けられました。

最初の2過程では参加者は肉体的または社会的に痛みを伴った経験を思い出しながらその痛みの度合いを評価しました。後半の2過程では、その肉体的または社会的痛みを伴う経験を思い出した後に、いくつかの認知的な頭を使う課題をこなしていきます。

社会的に痛みを伴う経験を思い出した人たちは肉体的なものを思い出す人と比べて高い痛みの感覚を感じているという結果が出ました。また肉体的な痛み経験を思い出した人たちの方が頭を使う課題においてよい成績を収めたのです。

この結果の要因として挙がるのは人間脳の発展の成果であり複雑な思考、知覚、言語処理を司る大脳新皮質にあるのでは、と考えられています。

「大脳新皮質の発達は、人間が何かを創造したり、何かに適応したり、集団や文化と共存する能力、また社会的なふれあいの中で生まれる痛みに対処する能力を確実に高めている。しかし、大脳新皮質はそれに伴って社会的な痛みを再構築する機能も持ってしまっているのかもしれない。」と研究者たちは述べています。

脳が疲れていると全てが悪循環。質の高い睡眠でスカっとするならオリンピック選手も使っている枕
アメリカ睡眠医学会が認めた六角脳枕



参照
http://psychcentral.com/news/2008/08/28/verbal-criticism-is-long-lasting/2839.html
posted by ヤス at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 感情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック