【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年06月22日

オンラインセラピーが効果的だと実験結果

心理セラピーをインターネット経由ですることは有効なのか?




スイスのチューリッヒ大学の臨床心理研究者たちがオンラインセラピーは通常の対面セラピーと同じくらい効果的なのかどうか実験をしてみました。以前の研究で、彼らはどちらも同じくらいの効果があるのでは、と仮定したのですが、結果は驚くべきことにオンラインの方が効果的だという結果が出たそうです。

実験には6人のセラピストと62人の患者が参加し、患者の多くは中程度のうつ病を患っていました。62人の患者はランダムに対面セラピーとオンラインセラピーに振り分けられ、8回のセッションを経ます。

オンラインセラピーに割り当てられた患者は新たなテーマに取り組む度に事前筆記課題(ネガティブな自己イメージを疑問視する等)を課されます。

8回セッションの後、状況を見てみると53%のオンラインセラピー患者、そして、50%の対面セラピー患者がうつ病が治ったと報告しました。

実験3ヵ月後に調査をするとオンラインセラピーを受けたグループは57%が症状を感じなくなっており、対面セラピーは42%が症状を感じないと報告していました。

今、大切な人が"うつ"に…全く新しいサプリメント【セロトアルファ】


どちらのグループもセラピーとセラピストに対する満足度は同等に高く、オンラインセラピー患者の96%、対面セラピー患者の91%がセラピストとの接触は個人的だと感じたと報告しています。

オンラインセラピーの患者は例えば、セラピストとのやりとりを時々振り返るなど自分の症状改善のために課される宿題に取り組みセラピストとの接触を活用しようという様子が強く見られたそうです。

実験の中心者、アンドレアス・メアカー博士(Andreas Maercker)は「中期間的に見ると、オンラインセラピーの方が対面セラピーよりも効果が高く、今回の実験は、オンラインセラピーがセラピーにおいて効果的な補足となることを示すものとなった」と述べています。

その他、対面ではないセラピーとして、本を読むセラピーがあります。
禁煙セラピー プラス [CD付] [セラピーシリーズ]
女性のための禁煙セラピー [セラピーシリーズ]
ひとせら〜今すぐあなたを元気にするひとことセラピー
3秒でハッピーになる 名言セラピー


参照
“Online Psychotherapy Receives High Marks”
www.fortherecordmag.com September 2013 P.5
http://connection.ebscohost.com/c/articles/90400294/online-psychotherapy-receives-high-marks
posted by ヤス at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック