【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2013年11月04日

激励トークがアスリートの感情にどう影響するか

ユタ大学のゴンザレス、メトズラー、ニュートン(Gonzalez, Metzler, Newton)らが、アスリートの感情に“pep talk” つまり「激励トーク」がどのように影響しているのか調べました。


参加したのはアメリカの大学のトップリーグでアメリカンフットボールをする選手たち約150人で、彼らを2つのグループに分けて実験しました。1つのグループには激励トークをしているビデオを見てもらい、もう1つのグループには技術的なトークをしているビデオを見てもらいその前とその後で、感情変化を調べました(どちらのビデオも5分以内)。

インスピレーションとはモチベーションに影響する経験で、内的に呼び起こされるものであり、個人の通常の力を超えたものだと定義されています。モチベーションが人の行動の裏にある規則や方向性、エネルギーであるのに対し、インスピレーションは内側からエネルギーが呼び起こされるような感覚のことを言います。

今回の実験では大学アメフト選手が激励トークによってインスパイア(鼓舞)されたのか、またそのインスピレーションをどう行動につなげていきたいのか調べました。

結果を分析すると激励トークを見たグループはインスピレーション度の増加を示し、技術トークを見たグループは低下を示しました。また激励トークのグループは競争心やプレーをしたいといった思いが増加したのに対し、技術トークのグループにはそういったことが見られなかったそうです。



ちなみに激励トークに使われたのは映画『エニイ・ギブン・サンデー』の以下のスピーチです;


DVD借りるなら宅配レンタルのツタヤ・ディスカスが便利!>>TSUTAYA DISCAS 無料お試しキャンペーン中!


参照
"The influence of a simulated 'pep talk' on athlete inspiration, situational motivation, and emotion" 2011 Gonzalez, Metzler, Newton.
posted by ヤス at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック