【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2013年11月19日

催眠を使ったメンタルトレーニングで自己イメージアップ

近年、学生の学力をいかに高めるかということに注目が集まっています。学力は学生の自己イメージと大きく関係があり、この研究では催眠を使ったメンタルトレーニングによって自己イメージを向上させようと試みました。

南アフリカのフリーステイト大学(University of the Free State)の研究者、デボスとロウ(H. M. De Vos & D. A. Louw)がステレンボッシュ大学(University of Stellenbosch)大学の心理学を専攻する大学生を4つのグループに分けてその効果性を計測しました。

データ分析の結果、2つのメンタルトレーニングを受けたグループは自己イメージに改善が見られたそうです。

この実験には120名の参加者が集められ、30名ずつ4つのグループに以下のように分けられました。

グループ1:リラックス催眠を受けるトレーニング有グループ

グループ2:活性状態睡眠を受けるトレーニング有グループ

グループ3:段階的リラクゼーションを受けるトレーニング無グループ

グループ4:何も受けないトレーニング無グループ



グループ1〜3は、毎週1時間のセッションを8週に渡って受けます。参加者にはこの8週間の前と後に自己イメージを診断するグリーフ・自己イメージアンケート(Greeff self-concept questionnaire)に答えてもらい、その違いを見出しました。

そして、その前後のアンケート結果、またグループ間での比較をしたところ、グループ1と2のトレーニング有グループは自己イメージにおいて統計的に重要な違いを生み出し、つまり、トレーニングは自己イメージを向上させるという結果になりました。

もう一つこの実験で立てられていた仮説、グループ1とグループ2の間に重要な違いは出ない、というものは、否定することはできませんでした。

つまり、リラックスの催眠も、活性した催眠も同じような効果を学生の自己イメージにもたらした、という結果になりました。催眠の可能性をまた新たに示唆する実験となりました。

催眠ってどんな状態なの?とご興味がある方は、ヨガを体験すると良いでしょう。ヨガをすると催眠と同じような意識状態を経験する事ができます。
★日本最大級!ホットヨガスタジオLAVA★


骨盤ダイエットで自己イメージアップ!1000円で体験エステやってます。
ダイエットはスリムビューティハウス



参照
De Vos, H.M., & Louw, D.A. (2008). Hypnosis-induced mental training programmes as a strategy to improve the self-concept of students. Higher Education
posted by ヤス at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 催眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック