【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年01月21日

脳は具体的に分からなくても察する事ができる

新たな研究で、人は誰かに起きた変化を具体的に何が変化したか分からなくても何となく気づく事ができる、という結果が出ました。

ヨガをすると、悪い物を排出し、感覚を研ぎすます事ができます。今なら1000円体験レッスンしています♪
★全国80店舗以上!ホットヨガスタジオLAVA★


メルボルン大学の研究者が、この研究によって第六感、またはESP(超感覚的知覚)と呼んでいるものが説明できると述べています。例えば、他人の身なりが変わった事(散髪した等)を具体的に何が変化したかわからなくても、何らかの変化を察する事ができます。

実験の中心者、ピアース・ホウェ博士は人が具体的に特定できなくても、変化を察する事ができると科学的に発見した第一人者です。「観察者は、伝統的な肉体感覚(視覚、聴覚、味覚、嗅覚など)を使って変化を特定しなくても、変化を察する事ができます。この感覚をある人は第六感だったり、ESPと呼んだりしています。私たちの研究では、観察者は特定の物が分かってなくても変化を察する事が出来ると判明し、これは第六感やESPではないと考えています」とホウェは言います。

実験では観察者は、同じ女性の写真を2枚見ます。そしてたまにその2枚の写真で女性の身なりが変わっています。例えば、色が違う髪色をしていたりします。

それぞれの2枚組は1.5秒間見せられ、1秒間の休止が入ります。最後の写真を見たら、観察者は変化があったか、もしあればどういった変化だったかを9つの選択肢から選びます。

結果を分析すると、観察者は具体的にどういった変化だったかが分からなくても、変化があった事は認識できているという結果が出ました。例えば、観察者は緑色や赤色の左右の写真のバランスが違っていた事などは覚えていても、その2枚組の写真の帽子の色が異なっていたということは覚えていないケースが多かったそうです。

つまり、観察者は見つけられてはいないが、違いを感じる事、察する事はできたという事です。これは察したり、感じたりしているので、特に第六感やESPではない、とホウェは述べています。

脳スッキリサプリ。寝起きからスカーッとします。
最新!!効果NO,1のDHA&EPAサプリメント



参照
http://psychcentral.com/news/2014/01/15/mind-detects-changes-and-not-by-esp/64530.html
posted by ヤス at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック