【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年03月10日

2−14.ポジティブ・ビジュアライゼーション

ポジティブ・ビジュアライゼーションは、イメージを使って、将来の出来事に対してポジティブな期待を作りながら、無意識を養う事ができます。

心理学の研究では、鮮明なイメージは実際の出来事と同じくらい私たちに影響する事が分かっています。

ある研究ではバスケットボール選手を2つのグループに分け、1つは毎日20分間実際にスリーポイントシュートを練習し、もう1つのグループはポジティブ・ビジュアライゼーションで成功したスリーポイントシュートをイメージします。その後、各グループに実際にスリーポイントシュートをしてもらって、結果を比べると両方とも同じレベルの正確性を示したのです。

こういったトレーニングはプロスポーツやオリンピックでも頻繁に使われています。以下に、ポジティブ・ビジュアライゼーションのスクリプトをご紹介していきます。


「2−13.ネガティブアンカーの削除」に戻る 「2−15.ポジティブ・ビジュアライゼーションー@特別な場所」に進む→




posted by ヤス at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 催眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック