【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年03月12日

5−8.献身無しに成功は無い

信念7:献身無しに不変の成功は無い。

成功者は献身する事の力を信じている。もし成功と掛け離れ得ない信念が一つだけあるとしたら、それは偉大な献身無しに偉大な成功は無いという事だ。

どの分野の成功者を見ても、彼らは必ずしも最高でもなければ、最も賢いわけでもなく、最も速いわけでもなく、最も強いわけでもない。成功者とは最も献身できる人たちである

ロシアの偉大なバレリーナ、アンナ・パブロワはかつて「休むこと無い追求、それが成功の秘訣だ」と言った。それは「成功方程式(欲しい結果を知り、効果的なものをモデリングし、行動を起こし、何が有効かを見定め、欲しい結果を得るまで調整し続ける)」の別の言い方である。

これはどの分野でも言える。最も天性の才能が大きく影響されると言われるスポーツでもそうだ。ラリー・バードを最高のNBA選手にしたのは何か?多くの人は未だにそれがわからない。

彼の動きはそれほど速くない、ジャンプ力もそれほどない。NBAという舞台では、彼は時々スローモーションで動いているようにさえ見える。ではなぜ彼がMVPに3度もなれたのか?それは、彼は成功するために最も献身しているからである。

ハードに練習をする。より強いメンタル・タフネスを求める。一生懸命プレーする。そしてそれらを更に高いレベルで求める。彼は自分の力でより多くのものを、他の誰よりも得ているのだ。

ピート・ローズも同様の事をして、記録を達成した。常に自らを駆り立てる力として献身の力を使い、持っているもの全てを目の前のプレーに注いだ。

偉大なゴルフプレーヤー、トム・ワトソンはスタンフォード大学の普通の学生だった。ゴルフ部でも他の部員と何ら変わらなかった。しかし彼のコーチは、ワトソンの練習ぶりに驚いた。「彼ほど練習する選手は見た事が無い」と。

トップアスリートにとって、純粋な体力的な違いはあまり何も意味しない。「良い(Good)選手」と「素晴らしい(Excellent)選手」の違いは献身の質の違いである。

どの分野でも献身は重要な要素である。ダン・ラザーは有名になる前、その練習熱心ぶりでヒューストンのニュースマンとして伝説となっていた。人々は今でも、彼がテキサ スの沿岸にハリケーンが来た時、木にぶら下がりながらレポートした時の事を話す。

多くの人がマイケル・ジャクソンは持って生まれた性能があり、瞬時にあのマイ ケル・ジャクソンになったと思っている。マイケル・ジャクソンはもちろん偉大な才能を持っていたが、それよりも彼は5歳の頃から、歌を歌い、ダンスをし、曲を作っていた。才能ももちろんあったし、環境も整っていた。そこで信念システムを構築し、成長させた。多くの成功モデルがある環境で育った。彼を音楽会へ導く家族のサポートもあった。

しかし本質的に大事な事は、彼は献身や犠牲を厭わなかったという事だ

私はWITという言葉を使うのが好きだ。これは"Whatever It Takes(どんな犠牲を払ってでも)"を意味する。成功者は成功するためならどんな犠牲も厭わない。それが成功者とそうでない人との差である。




以上が「成功する為の7つのウソ」と私が呼ぶ信念群である。その他、卓越した結果を出すのに役立つ信念はあるか?もちろん。信念については考えれば考える程、よい信念に出会える。

この文章を通して、その他多くの違いに気づいて欲しい。重要なのは「成功は手がかりを残す」という事。成功者について研究しよう。彼らを効果的な行動、そしてずば抜けた結果へ常に導く鍵となる信念を見つけよう。

これらの7つの信念は人々を驚かせてきた。そしてもしあなたがこの7つを常に自分に当てはめて献身すれば、あなたも周りを驚かせるような結果を出す事ができる

何人かの人がそんな事無理だ、と言うかもしれない。もし効果のない信念を持っていたらどうしたらいいんだ?もし持っている信念がネガティブで、ポジティブに変えたかったらどうしたらいいんだ?どのように信念を変えたらいいんだ?という質問をするだろう。

あなたは既に最初のステップに至っている。それは「気づく」という事。あなたは自分の望む結果を知っている。第二ステップは「行動」「解釈と信念のコントロール法を知る」「脳の働かせ方を知る」という事。

ここまでを振り返ると、私(アンソニー)が卓越した結果を導くと信じるものを紹介してきた。

「情報が成功者の必需品だ」「成功者とは望む結果を知り、効果的な行動が取れて、達成するまで行動を変え続ける人」というアイデアから始めた。

2章では、卓越した結果を出す道はモデリングだと習った。もし大成功している人を見つけたら、その結果を出すためにその人が取る行動(信念、メンタルシンタックス(思考の流れ)、体の使い方)をモデリングすると、彼らより短時間で同じような結果が出せる。

3章では、状態の力について学んだ。力強く豊かで効果的な状態がいかに神経生理学的な状態に影響するのかを学んだ。

4章では信念の性質について学んだ。あなたにプラスに働く信念が、いかにあなたの力を開花させ卓越した結果へ導くのか。

そしてこの章では卓越した結果の基礎となる7つの信念について学んだ。そして、今からあなたがこれまで学んだものを最大限利用していくための力強いテクニックを紹介する。



「5ー7.仕事は遊び」に戻る 「6ー1.心の使い方を習得する:脳の動かし方」に進む→


参照

Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement
posted by ヤス at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | NLP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック