【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年03月15日

従業員のモチベーションが会社の成功を握る

スウェーデンのゴセンバーグ大学の准教授、アンナ・ジョンソン博士(Anna Jonsson)の調査によると、企業の長期的な成功は、従業員の内的モチベーションに大きく影響される、と報告されています。

ジョンソンいわく、従業員の教育に投資する事は、企業成功に投資しているんだという事を企業は理解すべきだ、とのこと。しかしその投資が企業と従業員にとって実る為には、継続的な教育が不可欠で、それによって従業員は企業に見てもらっているという感覚をより強く感じるそうです。

「多くの従業員が単に月末に給料をもらうだけではなく、能力開発する事に喜びを感じています」とジョンソン。

「従業員が特定の能力開発トレーニングに派遣される事を嬉しく思うというケースは多々あります。しかし、そこで学んだ事が後に使われたり、上司によってフォローアップされるのはそれほど頻繁ではありません。もしトレーニングで学んだ事が重要でないなら、それをもっと使っていこうとか、その知識を共有しようといった気持ちはなえてしまうでしょう

企業がその将来的な成功は従業員教育にかかっていると理解したら、企業は様々な変化により良く対応する事ができます。新たな人材を探すことよりも、従業員の能力をいかに開発するかに力を注ぐべきです。

「企業が焦点を置くべきは、現存する資源をいかに発展させる事ができるか。これによって企業が継続的に成長する事が出来ます。メンター制が流行っているのも、社員が成長してやる気を出すからです」

スウェーデンで成功している司法事務所、マンハイマー・スワートリング(Mannheimer Swartling)では、教育は会社の日々の日課となっており、メイン業務の追加事項としては考えられていません

多くの優秀な法律学部卒の学生が、成長でき、それによって会社に貢献できる機会を与えられるからという理由でこの企業に入りたがります。

明確な構造と教育を重視する社風があれば、時間を社員教育に費やし、それによって継続する企業成功を達成する事が可能だと私は考える」とジョンソンは主張しています。

参照

http://psychcentral.com/news/2014/03/14/employee-motivation-to-work-vital-to-companys-success/67094.html





posted by ヤス at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック