【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年03月18日

小さなバスケットヒーロー。感動しました

今日はお昼の休憩時間に『奇跡体験!アンビリバボー』で「感動のアンビリバボー」として紹介された「小さなバスケットヒーロー」という話を見ていました。すごく感動しました。

2006年、アメリカのギリシャ・アテネ高校のバスケットボール部の話です。主人公は当部マネジャーのジェイソン・マクエルウィン君(通称、ジェイ・マック)。彼は生まれながらに自閉症を持っていたため、周りとのコミュニケーションが難しく、また周りと比べ小柄だったためマネジャーとしてしか入部できませんでした。

それでも彼はバスケットが大好きだから、不満を言わず、毎日毎日練習に顔を出し、他のマネジャーが来ない時も彼はコートに現れました。そして、練習後、誰もいないコートで一人、フリースローの練習をするのでした。

ジェイ・マック君のマネジャーの仕事に精を出す姿を見て、選手たちは鼓舞されます。2005年シーズン、チームは低迷しますが、2006年はリーグで2位と大健闘します。

そして、この年の最後の試合、勝てば1位と並ぶという試合。通常マネジャーは試合に出られず、ジェイ・マック君はいつもはスーツ姿で試合に来ますが、コーチと選手の同意のもと、この時はユニフォームを着てコートに現れます。

選手たちはジェイ・マック君に試合に出て欲しいと素晴らしいプレーを見せ、後半残り4分時点でダブルスコアでリードします。そして、そこでジェイ・マック君が初めて試合のコートに立つのです。

観客も含めたコート全体が大きく盛り上がりました。しかしこれだけではなかったのです。この4分間でジェイマック君はなんと6本ものスリーポイントシュートを決めたのです。

試合後、彼は両チームの選手、チアリーダー、観客から讃えられます。後にNBAのスーパースター、マジック・ジョンソンや当時のブッシュ大統領にも直接会い、その功績を讃えられたのでした。

お昼休み、シーザーサラダを食べながら、目をウルウルさせて見入ってしまいました(笑)










ラベル:感動 スポーツ
posted by ヤス at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック