【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年03月21日

1997年日本シリーズ、古田-伊東

今日のお昼休みはクローズアップ現代「1997年日本シリーズ 古田vs伊東」というのを見ました。これも良かった!

先日はアンビリーバボーの「小さなバスケットヒーロー」というのを見ましたが、今日は僕が好きな野球ネタ。

現象から傾向を掴んで、次を予測する。何気なしにやっている人は見えないが、注意している人には何かが見える。そこにパターンだったり、傾向、特徴が見えたりする。心理学者として見習いたいです。

以前、野村監督の本(野村ノート)で、監督は常に小さなノートを持ち歩いていて、何か気付けば事細かに書いていく、と言っていましたが、自分もまたその習慣しようかな、と思いました。

現在、研究を進めていますが、野村監督の監督業の一部も、野球を研究するという事。そしてその研究が成果に繋がる。研究がいかに大事か、改めて学べました。またこの動画は見たいと思いました。






ラベル:野球 研究 データ
posted by ヤス at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック