【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年03月24日

アメリカ、石油工学学士の初年給は1000万円

ウォールストリートジャーナルでアメリカの大学生(学士号)は今何を学んでいるのか、また初年給はどれほどかという記事があったので、それぞれトップ10を紹介します。

(以下、専攻科目と2011年度に与えられた学士号の数)

1.ビジネス…365,093

2.社会科学/歴史…177,144

3.健康関連…143,430


4.教育…103,992

5.心理学…100,893

6.ビジュアル&パフォーミング・アーツ…93,956

7.生物学/生理化学…90,003

8.コミュニケーション/ジャーナリズム…83,274

9.工学…76,376

10.英語言語/英文学…52,744




そして以下が初年給の高い専攻科目です。つまりその専攻科目で卒業した人たちが社会人1年目で年間どれだけ稼いだのか。

(専攻科目と初年給2013年卒業生 [米ドル])

1.石油工学…97,000ドル

2.コンピュータ工学…70,900ドル

3.化学工学…67,500ドル


4.コンピュータサイエンス…64,700ドル

5.航空宇宙科学/飛行学/宇宙航行工学…64,500ドル

6.機械工学…64,500ドル

7.電気学/電子&コミュニケーション工学…63,000ドル

8.工学テクノロジー…61,500ドル

9.情報システム管理(ビジネス)…60,700ドル

10.物流学…59,800ドル



どちらのランキングも1位がズバ抜けていますね。

学士号の数では1位のビジネスが、2位の社会科学/歴史の2倍以上。初年給では、1位の石油工学は、2位のコンピュータ工学をおよそ300万円も離しての1位。学士号取得者全体の初年給平均が460万円(45,633ドル)なので、その2倍以上だといえます。4年生の大学を卒業して、1年目でおよそ1000万円。すごい分野ですね。

こういった大きな格差、アメリカらしい数字だと思います。


転職ならがリクナビNEXT良いでしょう。無料で登録するだけで、色々な情報が入ってきます。→リクナビNEXT








参照

http://m.europe.wsj.com/news/interactive/BISALARYchrt?mod=e2tw&mobile=y
posted by ヤス at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック