【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年03月24日

ナラティブ分析(Narrative Analysis)、5つの方法

「ナラティブ分析」とは、物語を分析する事です。分析とは、研究者がデータを整理、体系化する方法の事です。ナラティブ分析には多くの方法があります。

リースマン(Riessman, 1993, 2008)やリーブリック(Lieblich, 1998)といった研究者はいくつかのナラティブ分析方法を提唱しています。それらのいくつかは原文を壊してしまう可能性があるのですが、それでも体系化された分析を目的します。また他の方法では原文のゲシュタルト、つまり全体性であるとか、本質を大事にする事を目的とします。

ホリスティック分析や主題分析(Thematic)はシンプルなので多くの研究者が使います。主題分析に関する過去の記事はこちら

ナラティブ分析の主な情報源はインタビューです。通常、分析の第一歩はインタビューの書き起こしです。この過程はインタビューの全体像を掴むのに重要です。ナラティブ分析に関する多くの記事や本が出版されていますが、その方法について書かれてある物は多くありません。ここではその方法について簡単にまとめていきます。


1.ホリスティック分析

ホリスティック分析では、研究者は全体を見ながら物語の主題を見つけようとします。話し手が語る経験の本質は何か。それは直接的に言われてなかったり、流れが順番通りに話されるとは限りません。

話し手が語る事の意味合いが最重要事項なので、その経験の本質を見つけるというのが研究者の目的になります。だから、他の質的研究と同じように、話し手の話の中にパターンを見つける事も有効です。

分析において話した内容は、解釈する為に分解しません。研究者は分解してカテゴライズするというアプローチではなく、全体像から意味合いを解釈しようとするアプローチを取ります。

例えばエムデン(Emden, 1998)は以下のような方法を提案しています。

1.書き起こしを何度も読む

2.研究者の質問を消す

3.内容の本質とは関係の無い言葉を消す

4.意味合いを見つける為に再度読む

5.3と4を繰り返す

6.サブテーマを探す

7.それらから一貫したストーリーを見つける

8.メンバーにチェックしてもらう




2.主題分析

これは多くの研究者に好まれる方法です。リースマンはこれが最もシンプルだと言い、よく生徒に勧められるのもこの方法です。ここでの焦点は内容です。つまり、物語が「どのように」「誰に」「なぜ」話されたのかというよりも、「何が」話されたかが焦点です(Riessman, 2008: 54)。

主題分析のステップは他の分析と似ています。最初のステップはもちろん書き起こしを読む事です。そして第2ステップはコード化をしていきます。物語で頻出する重要なアイデアをカテゴライズします(コード化)。この過程において、研究者はパターンを見つける事ができます。そしてパターンによって分けられていきます。最後にそれらを見直して、おかしな所がなければ終了です。


3.構造的分析

これはラボヴ(Labov)とワレツキー(Waletzky)によって1967年に提唱された方法で、構造的なコーディングによって物語を分析していきます。構造的分析は、物語の形に注目します。つまり、「どのように」話されたか。だから、言語的な要素も重要になります。構造的分析では物語をいくつかの章に分けます。

1.概要:物語のまとめ

2.状況:時間、場所、参加者、その他状況

3.行動:出来事の流れ

4.評価:物語の評価とそれが話し手に何を意味するか

5.解決:物語の目的

6.コーダ:現在に戻る



もちろんこのプロセスは物語やサブテーマごとに反復されます。多くのナラティブがこういった特徴を持っています。構造的分析の典型的な例がスミスとスパーケス(Smith & Sparkes, 2008)が、ラグビー選手が脊椎損傷になったケースの研究です。



4.会話的パフォーマンス分析

これは会話を分析するという、物語に対して比較的幅広いアプローチです。リースマンは物語を語る事は、会話のプロセスだと言います。これは会話分析(conversation / discourse analysis)と似ていて、それにいくつかの追加事項があります。全体的な流れに注目しながら、ジェスチャーやボディランゲージにも焦点を当てます。

スミスとスパーケスはスポーツ心理学でこの分析が使われる事は稀だと言っています(2009)。ナラティブ分析は「何が言われたか」そして「どのように言われたか」を分析するものですが、この「どのように」の部分はパフォーマンス分析によって成されます。この分析では以下の問いかけに答える事になります。


1.なぜそのナラティブはそのように発展したのか?
  なぜその順番か?

2.観衆に対して、その人はどう自分を位置づけたか?

3.その人は、他の登場人物を
  自分に対してどのように位置づけたか?

4.聞き手の反応は?
  それがナラティブの発展や解釈にどう影響したか?



このアプローチは難しいので、博士号過程の生徒がするのが通常です。



5.ビジュアル分析

ここでは文字に頼らずに、絵画や写真、映像に頼った分析をします。もちろん、文字による説明が必要ですが、物語はビジュアルのサポートを用いて伝えられます。良い例がスポーツパフォーマンスをメディアが見せる時のものです。そしてそういったビジュアルエイドによって説明されたり、解釈、分析されます。こういった分析法は、近年「パフォーマンス社会科学」として知られるようになってきました。


留学は人生を面白くしてくれます。
フィリピン政府公式認定学校のNILSさんなら
1ヶ月なんと94,500円で英語留学ができるそうです!
無料の資料もあるようなので見てみるのも良いかもしれません。
4倍速で英語が身に付く!常夏の楽園セブでマンツーマン留学



参照

Qualitative Research in Sport and Physical Activity p. 135-139
posted by ヤス at 22:34| Comment(6) | TrackBack(0) | 研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!ブログ拝見し、とても参考になりました。現在、日本で博士号を取るべく研究をしています。

ナラティブアプローチで介入研究をしましたが、結果の書き方どうしてもうまくいきません。

書き方の参考になるような文献をご存知でしたら、是非ご紹介いただきたく存じます。

よろしくお願いいたします。
Posted by tooyama at 2015年03月13日 17:23
tooyamaさん、

コメントありがとうございます。
博士号研究、頑張ってください!

質問に関してですが、ちなみに、研究対象はどの学問でしょうか?それと、英語の文献でもOKでしょうか?

「うまくいかない」をもうちょっと具体的に、何が障害となっているか、教えていただけますか?

これをお教えいただけると、より正確な情報提供ができると思います♪
Posted by ヤス at 2015年03月14日 07:23
はじめまして、法学部出身で現在、スポーツ科学研究科のアラフィー社会人大学院生です。1月初旬に再提出する(仮の修論は提出済み)修論のインタビュー分析で悩み、こちらのサイトにたどるつきました。

修論のテーマは、「在宅医療中止事例を経験した専門職の苦悩」です。

今、日本では2025年を前に、在宅医療が推進されています。そのため入院先からなかば強引に自宅に帰って来る方もいます。

しかし在宅医療では、できる医療行為が限られています。

そこで患者さん自身は「自宅で最後を・・」と思っていても、容態が急変したら、家族や親族が「こんな事じゃダメだ」と救急車を呼び、本人の希望に沿わないで、病院で亡くなったり、搬送中亡くなるケースもあります。

在宅医療学会のシンポジウムにいくと、主に医師から「患者さんには、自宅で看取ると約束していたのに・・・(救急搬送されたとか施設に行った)」という声を聞きます。

こうした話を聞くことが多かったので、今回は医師3人、訪問看護師、ケアマネジャーにインタビューに行き、それぞれが経験した在宅医療の中止で「印象に残っている事例」を聞きました。

この先人の事例経験を論文にまとめることで、それを読んだ在宅医療に従事している方が、今後の参考になれば・・と思っています。

では、どう分析するのか。先行研究を色々調べた結果、私は、一文一文を細かくコーディングする方法はあわないなと。

なんだか専門家の苦悩が切り刻まれるような気がして・・・

また実際にあった事例をきいたので、患者さんやそのご家族の個人情報に配慮して、専門職の方から「この部分はオフレコで」と言われた箇所がいくつもあります。そこでインタビューしたけど、論文には載せられせん。

相談した先輩研究者からは、インタビューの全部を使えない場合は、分析方法に気をつけたほうがいい(=都合の良いところだけ抜き出したと言われる)と助言されました。

先生のブログを拝見して「何が」話されたか=主題分析が、「専門職の皆さんが経験した、印象に残っている中止事例の内容の語り」を一番反映できると思うのですが、どうでしょうか。

また先ほどあげた「この部分はオフレコで」といわれたこと。このインタビューは、先方の意向が入っているからすでに公正といえず、せっかく経験を伺ったのに研究として使えないのでしょうか。

ヤス先生からみたら、本当に素人質問ですいません。ご教示いただけますようお願いいたします。
Posted by hiros at 2016年12月29日 16:58
hirosさん、

コメントありがとうございます。
非常に有意義で興味深いテーマを扱っていらっしゃるのですね。
最終アウトプットが非常に楽しみです。

さて、ご質問の件ですが、コメントを読む限り、主題分析、良いと思います。この分析方法は比較的どのようなケース(過去に分析されていないケースも含む)にでも適応することができ、また、何らかの経験からパターンを引き出すのに有効です。そういう意味で今回のケースに良いと思います。

オフレコの件に関しては、文脈だけだと状況がわからないので、hirosさんのスーパーバイザーや指導員の方と相談するのが良いと思われます。もちろんインタビューをする前に守秘義務や匿名性はご説明されてのことだと思います。

非常に楽しみな論文ですね。頑張ってください!
Posted by ヤス at 2016年12月29日 17:51
修論の相談をしたhirosです。早速のご返信ありがとうございました。

主題分析ってどんなものかを解説した日本語の論文、信頼できるサイト、参考書等で、先生のおすすめをお教えくださいますか。「主題分析」とはどんなもので、なぜ採用したか説明しないといけないと思いまして。

またオフレコの背景は、次の通りです。まず今回の調査は、東京都世田谷区で、実際にあった在宅医療の事例を紹介するものです。

23区で65歳以上の高齢者人数がもっとも多い区=世田谷区なので、「都市部で高齢者人数が最も多い区の事例」という問題設定で明かしています。

世田谷区で在宅医療を行うという点まで明かしているので、インタビューした先生の所属機関名は書かず、名字も全て仮名(例えば、看護師の舞井さん)にしてます。

とはいえ、例えばインタビューの中で、「うちでは、来年春から○○サービス(医療保険や介護保険上のサービス名)をはじめようかと思ってます」との話がでたとします。


この新規参入○○サービスで検索したら、所属機関が特定されかねないので、ここはオフレコにしますか・・・と、インタビューした先生と相談しました。

あとは同じ区内の他院の名前ですね。例えばその先生が過去に、大学では○○教授の元で在宅医療を勉強したことを書くのは、OKかとおもいますが。今、現在のことについては「日頃から連携している診療所」とか、「知り合いの先生の診療所」にとか・・・と書くことになるかと。

なお、論文を直に指導している准教授の先生にだけ、すでにインタビューをすべてを起こしたデータ(オフレコ含むので、ここはオフレコと書いてあります)をお渡ししてます。そうしないと、研究者が都合の良いデータだけ抜き出したと言われる可能性があるので。

なかなか難しいですね。修論完成したら、ヤス先生にもきちん報告いたします。
Posted by hiros at 2017年01月01日 15:26
hirosさん、

なるほど、そういうことなのですね。主題分析について英語でよければオススメは Virginia Braun と Victoria Clarke の 'Using thematic analysis in psychology'です。以下から入手可能です。
http://eprints.uwe.ac.uk/11735/2/thematic_analysis_revised_-_final.pdf

日本語であれば、グラウンデッドセオリーと関係が深いので、こちらが良いと思われます。
http://amzn.to/2j1zOmF

オフレコ、そういうことですね。論文指導の准教授の方のアドバイスが非常に適切だと思われます。人や地域を特定できる情報については、主題に影響しないのであれば、少し抽象的に書き換えたりするのも可能な場合もあります。いずれにせよ、直接的にデータに触れても良いとされる准教授の方のアドバイスが最も強いと思います。

ありがとうございます。是非アウトプット、お聞かせください!
Posted by ヤス at 2017年01月04日 05:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック