【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年04月21日

ヴィゴツキーの発達の最近接領域

先日投稿したピアジェの認知発達論の他に、子供の認知発達について基本となる考え方にレフ・ヴィゴツキー(Lev Vygotsky)発達の最近接領域(zone of proximal development)というものがあります。

発達の最近接領域とは「個人的な問題解決によって定められる実際の発達レベルと、大人のガイドやより能力のある仲間との恊働による問題解決によって定められる潜在的発達レベルの差」の事です(Vygotsky, 1978)。つまり、補助があればできる事と自分だけで出来る事の間の事です。

ヴィゴツキーは学習プロセスの一部として、仲間との交流が不可欠だと考えました。子供が新たなスキルを習得するのに、彼はより能力の優れた生徒と、能力がまだ身に付いていない生徒をグループにする事を提唱しました。

生徒が最近接領域にある時、適切な補助と道具(この事を”scaffolding”と呼ぶ。直訳は「足場」ですが文脈に合うように「土台」としましょう)を提供する事は、生徒に新たな課題やスキルを習得するのに必要な物を与える事になります。最終的に土台は省かれ、生徒は自分でその課題をこなす事が出来るようになります。

ここで大事な事が最近接領域は動くという事。生徒が新たなスキルや能力を身につけるにつれ、領域も前進していきます。

例えば実験心理学を担当する先生は、最初は生徒にステップ・バイ・ステップの実験手順を教える事で土台を提供するかもしれませんが、次の実験ではそういった事はせずに、実験概要だけを説明するかもしれません。そして、最終的に生徒は自分で実験を企画して行う事ができるようになります。

これがヴィゴツキーの発達の最近接領域論です。彼の教育論に興味がある人は以下がオススメです。
ヴィゴツキー入門

以下、関連ビデオです(英語、3分)。


参照
http://psychology.about.com/od/zindex/g/zone-proximal.htm
posted by ヤス at 08:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。今大学三年生でブラジルのある大学の体育学部に留学しております。大学の授業でもヴィゴツキーの発達の最近接領域についてふれました。私はこの発達の最近接領域をサッカーにたとえました。20人選手がいてコーチが二人いるので半分に分けるとします。そうなると上手な選手と下手な選手で分けるのではなく、均等に分けるほうがいいということですか?そもそも発達の最近接領域とスポーツに関係性がありますか?
わかりにくい文ですみません。よろしくお願いします。
Posted by つばさ at 2016年12月16日 22:07
つばささん、

コメントありがとうございます!
ブラジル留学。楽しそうですね♪

質問の件ですが、答えは選手たちがどれだけ広い発達の最近接領域に耐えることができるかにかかると思います。

領域が広くても大丈夫であれば、実力を均等にした2チームを作るのが良いでしょう。しかし、領域が狭ければ、俗にいうA、Bチームで分けた方が良いということになります(領域が広すぎるとやる気をなくしてしまう可能性があるので)。

従って、各選手の領域の広さを意識しながらのチーム分けが良いかと思われます。

しかし、あくまで理論なので、そこから実践で何がベストかを探るのが良いと思われます。

非常に面白い留学をされてそうですね。頑張ってください!
Posted by ヤス at 2016年12月23日 07:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック