【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年04月24日

健康・メンタルヘルスに関する記事



規則正しい睡眠習慣が健康的な体重と関係する
幸せを避けようとする人々
ちょっとのワインがうつ病予防に
1日20分の瞑想が心と体の健康につながる
ゴルフは寿命を延ばす




心の健康と幸せ感に職場環境が影響する
ダイエット中はダイエットをしている友達と食事するのが効果的
寝貯めは全ての睡眠メリットを回復しない
不眠症者が悩むのは夜だけでない。注意散漫脳が日中アクティブ
不眠は顔に出る




ライフスタイルが長期的な健康に影響する
妊娠中に運動をすると赤ちゃんの脳発達に有効
日本人は世界一長寿 82.3歳(世界平均は67.6歳)
日本人の幸福感はちょっと低い。幸福感の最大要因は「健康」
オンラインCBTセラピーがうつ病に有効




物忘れを歳のせいにすると悪化する
ネズミに実験スペアミントとローズマリーは記憶力を上げる
糖尿病患者にケータイメールでのフォローアップが有効
認知行動療法をダイエットに活用。5つのポイント
一週間たった5ドルでも運動する習慣が身に着く


催眠でポジティブ思考促進。胃を健康に
電話サポートが癌治療後の健康促進に役立つ
子供の頃の問題行動が、その後の人生での発病性を増やす
TVゲームで高齢者の認知力をアップさせる
成人初期の外向性が30年後の幸せ度に好影響


明るい気質は心臓に良い
電話カウンセリングがダイエットに有効
炎症性の症状にマインドフルネスアプローチが有効
自分は孤独だと思っていると認知症リスク大
短期的な不安症への治療として日本のリフレーミング療法が有効


不眠は肥満、高血圧、糖尿病の可能性を高める
ストレス耐性の3C コミットメント コントロール チャレンジ
身体的な健康とある一定の態度や考え方には強い関係がある
健康の語源は体が健やかで心が安らかな状態
ストレスとなる出来事:配偶者死、離婚、別居、投獄、家族死




カラオケには脳内ホルモン活性、血液循環、脂肪燃焼効果がある
アルコール中毒は米成人人口の5〜10%に影響
慢性の心配性に悩む人は、直観よりも分析に頼る
マインドフルネスが教師のストレス、バーンアウトを減らす
神経伝達物質のバケツで情報を伝える

認知催眠療法を使って痛みコントロール
幸せの40%には影響することができる
オンラインセラピーが分娩後うつ病に有効
魚を食べることが妊婦の緊張を緩和する
母親のうつ病が赤ちゃんの言語習得に影響する

新しい青汁「緑汁」お試し980円


"Addiction(中毒)"の語源は、「手放された」
笑いは社会的交流のためにできた
プラシーボ手術は本当の手術と同じくらい有効
恐怖を感じると記憶が曖昧になる
産後うつ病、父親にも母親と同じ発生率

今、大切な人が"うつ"に…全く新しいサプリメント【セロトアルファ】

心の痛みは体の痛みよりも残る。大脳新皮質が原因?
音楽はしんどいことを軽減する
寝過ぎは疲労の原因に
CBT(認知行動療法)は脳構造を変える
催眠とCBTが過敏性大腸症候群(IBS)に有効



良い『祖父母ー孫』関係、両者ともにメンタル利益
疑似体験療法が恐怖神経を止め、緊張症に有効
完壁主義の4タイプ-神経、ナルシスト、原理原則、超集中
OCPD, OCDに有効な行動療法アプローチ
胃と脳は密接に関係している




有酸素運動が神経硬化症患者の記憶力を高める
睡眠は視覚タスクの習得に役立つ
テストステロンは社交性を促進する
オキシトシンは自分と他人の分別を強化する
過食症を克服せよ CBTからケータイアプリまで




女性の肌色均一度が、外見の美、健康度、年齢に影響
メンタルヘルス障害 米47%、仏38%、日18%
世界の死亡原因:微生物感染、心疾患、がん
1歳児の育児での悩み:夜泣き、発熱、離乳食
地球幸福度指数トップはバヌアツ、コロンビア、コスタリカ




世界幸福度マップ デンマーク、スイス、オーストリア
認知療法のポイント:気分は思考から作られる
日本の自殺率は先進国No.1、10万人当り24人
個人が環境から満足を見つけるプロセス
現状にハッピーは悪くない

性を楽しむ女性28歳、男性33歳 英の調査
記憶と空間学習、ストレス敏感:海馬
にんにくのアリシンには殺菌作用がある
映画三昧の一週間
世界平和度指数、日本は3位




怒りに対処する3つの方法
ストレスマネジメントが肌の健康につながる
オーガズム、10の健康便益
ダンスは原始的な脳を刺激してくれる
対人恐怖症には森田療法が有効か




不満は寿命を縮める
運動が緊張症に有効
週1回のヨガレッスンで腰痛バイバイ
オンラインセラピーが効果的だと実験結果
REBT, 無条件自己承認を築く

行動と自尊心は別物
落胆を経験している勇気ある皆様へ
ジョン・ボウルビィの愛着理論
焦らんと一つずつ
クライン対象関係理論

ナルシスト、正確にはナルシシスト
催眠無痛覚にリラクゼーションは必ずしも必要ではない
睡眠不足はカップル関係に悪影響
病的虚言者について
漸進的筋弛緩法、1920年代ジェイコブソンが開発

練習インターバルがパフォーマンスに影響する
人間発達と家族「人間観察研究でしたこと=セラピー」
バイリンガルであることは頭の柔軟性を高める
PTSDは恐怖やストレスが原因する緊張障害
在るものを在るうちに見る

ネズミに実験、スペアミントとローズマリーは記憶力を向上させる
PTSDの症状:フラッシュバック、悪夢、不快イメージ・感覚
日本人1日3.5時間テレビ、0.5時間ネット、0.5時間新聞
アメリカ人の死因、心臓病、喫煙、がん
PTSDの原因:交通事故、暴力行為、性的虐待など

PTSDの治療:CBT、EMDR、薬物など
MUST思考はどこまで有効か?
日本人平均身長世界23位(男172, 女158)
日本人の身長この60年で6%以上増加
第一次大戦、英兵306人「戦闘勇気の無さ」で処刑。現代ならPTSDと診断

プラシーボ効果を裏付ける実験群
思考の変化で視力アップ
13年連続(98年から)で自殺者3万人超え
笑う門には福来る
米20%の精神パーソナリティ患者が悩む境界性精神障害の基本を押さえる

幸せ度と親切さの関係性
オンラインセラピーが対面セラピーと同じくらい有効
CBTがPTSDの脳変化をも治す
自由時間の長さより、時間管理が人生の質に影響
運動がうつ病を軽減する、しかし更なる研究が必要

「しばしば」「強いストレス状態にある」社員15%以上
日本人はA型が多い・日本と世界の血液型分布
人格の中では、敗者が勝者に勝っている
イギリス政府、CBT機関に年間400億円投資
38万人が患う慢性疲労症候群. CBT, 運動, 温泉, 薬が有効か

慢性疲労症候群(CFS)に対して何ができるか
慢性疲労症候群(CFS)からの回復は可能である
ひきこもり日本人300万人以上、76%が男性
ゴルフ選手に催眠を
痛みへの恐怖は、痛み以上に痛い可能性あり

クリエイティビティは枠を固定しないことから
簡単な運動が痴呆対処に有効
ブログを書く事は人を幸せにするのか?
貧困国では満足度は低いが、人生の意味は高い
ストレスは関係性から

記憶は遺伝する。神経科学からの証明
メンタルヘルスの定義:単に精神障害が無いという事ではない
CBTの感情処理がアルコール中毒者の緊張症状に有効
ウォーキングが乳がんのリスクを下げる
トークセラピーの様々な有効性

運動は心と体に大きなメリットがある
物理的、化学的、生物的、心理的ストレッサー。ハンスセリエ
エンドルフィンは多幸感をもたらす
ドーパミンは運動/ホルモン調節、意欲に関連する
『ピーターパン』のバリーは150cmで成長ストップ

精神病とは、感情的な動揺と連想、妄想、幻覚、無秩序行動
顕在型ナルシストと潜在型ナルシスト
窃盗癖の治療法として何があるか
カウンセリングや心理セラピーの目的とは
カウンセリングと心理セラピーの定義

カウンセリングと心理セラピーの目的
早起きは科学的にもお得だった!
産業・組織心理学とは
イギリス政府、メンタルヘルスのケアを重視する動き
イギリスも高齢化社会(16%が65歳以上)認知症のケア必須

状況不安と特性不安 (State Anxiety & Trait Anxiety)
「悲しみ」は最も長続きする感情
メンタルヘルス・7つの習慣
イギリス国家予算の2割が健康機関に使われている
日本労働者1割うつ経験有。しかしケアは乏しい。

長時間労働者はうつ病・不安症のリスク高い
長時間労働者は心臓病率6割も高い
頭への衝撃は脳震盪がなくても脳変化に影響
長時間労働はアルコール過度摂取に影響する
爪噛みの根底には完璧主義気質あり

自尊心を育てるか、ナルシズムを育てるか
34歳が最も幸せな年齢
うつ病患者は時間の経過を遅く感じる
爪噛みストップ
ドーパミンは快感をうながす神経伝達物質

感情は体にどう現れるか、感情体内マップ
3つの感情システムのバランスを取る事が大切
日本人の好きな果物、いちご、みかん、もも
右手の人差し指と薬指の長さからあなたが分かる
長時間シフトが看護師のバーンアウトや仕事不満に

心の病気にはどういったものがあるのか・精神障害12の分類
イギリスやアメリカで注目される読書療法
自殺国、日本。自殺者の3割は労働者
認知行動療法(CBT)とは思考を明確にし、行動や感情に変化を起こす療法
無料で認知症について学びたいならこちら!

認知症とメンタルヘルス。良いディスカッションができました
健康で幸福な状態に必要な5要素
ボウルビー愛着理論。生後1年間の母親との関係が鍵
境界性人格障害とは?その概要
Eセラピーはセラピストからはどう見られているか

マインドフルネスー目の前の物事を単純に反映する
マインドフルネスの効果を生物学的に解明
マインドフルネスがうつ度を軽減する
マインドフルネス瞑想はどのように実践するのか
マインドフルネスー瞑想は2000年以上前から実践されていた

職場でのマインドフルネスワークがストレスを減らす
マインドフルネス:簡単な4ステップ
マインドフルネスの神経科学ーその1
マインドフルネスの神経科学ーその2
日常にマインドフルネスを。7つのマインドフルネス要素

マインドフルネス瞑想が認知症を遅らせる
ストレスが脳に及ぼす影響
イギリスの国会に招待されました
うつ病と不安障害、そして双極性障害
マインドフルネス瞑想で脳に変化を起こす

1日15分でマインドフルネスの効果を得られる
メンタルヘルスの病気を患う人をどう呼ぶか
親切な行為は伝染する・ポジティブ心理学の調査
認知症ロボットとICTが日本の進んだ認知症ケアか
ジョギングが広まったようにマインドフルネスも

マインドフルネス。やらないとわからない
マインドフルネスは腰痛にも効く
マインドフルネス度が高い親の子供はストレスが低い
マインドフルな親は子供の脳発展にプラス
科学的に裏付けられた脳に好影響な7習慣

マインドフルネスをする上で大事なこと
自分のパターンに気づき、そこに選択肢を見つける
うつ病再発にマインドフルネス認知療法が有効
思いやりは脳内の統合繊維を増やす
心臓と脳に科学的な関係性はあるのか?最近の研究であると出ました。

脳の構造を手で覚える。UCLAダニエル・シーゲル教授
医療従事者のバーンアウトにマインドフルネス
子供にマインドフルネスをしてもらう3つの方法
cure ではなく heal するのがマインドフルネス
マインドフルネスを看護師に

アルコール使用障害、11の症状
グーグルのサーチ・インサイド・ユアセルフ
メンタルヘルスを職場の力に
習慣を作るには自分の内的報酬を知ること
職場におけるメンタルヘルスの問題。米2割が過去1ヶ月に経験

職場でのメンタルヘルス。積極的なケアがコストダウンになる
ヨガはフィジオセラピーと同じくらい腰痛に効果的
感謝、長所、味わう。ポジティブ心理学を日常に取り入れる
どんな幸福感を味わうかで遺伝子影響が異なる

その他、左上の検索キーから、「記事」を選択してキーワードを検索すると、これら以外の記事も見る事ができます。



posted by ヤス at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック