【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年04月25日

ゲシュタルトに関する記事

ゲシュタルト心理学・全体は部分の総和よりも大きい
精神病的な社会に参加するのか、健康に生きるのか
今できる具体的なことに集中する
自己があれば神経症(ニューロティック)
忙しい時こそ「今」を見つめる マインドフルネスエクササイズ

ゲシュタルト、ドリームワーク
シーシュポスの神話 The Myth of Sisyphus
アウェアネス・コンテニアム(気付きの連続体)
「今ここ」の感情体験
全体を見ること

現場で何を感じたのか
パールズの5階層モデル
人格の中では、敗者が勝者に勝っている
ゲシュタルト心理学は、図と地の理論
変化への強すぎる気持ちが邪魔をする・変化の逆説

“I-Thou"ありのままの人間同士の関係
「今ここ」に集中し、自分である事の自由を取り戻す
「ありのままの今ここ」に気づくこと。バージニア・サティア
人はその時にできるベストな行動を取っている。サティア
ゲシュタルト・葛藤とは

ゲシュタルト・セラピーはクライアント中心の療法
ゲシュタルト会議に参加してきました
個人が環境から満足を見つけるプロセス
進まなくたっていい
感情を明確にし柔軟性を増す

セラピー合宿を終えて。自分で自分を定義する
はしごを上るだけじゃなく
"I-Thou"ありのままの人間同士の関係
現状にハッピーは悪くない
コミュニケーションにおける「空、雨、傘」理論

wantとneedを見分けること
映画三昧の一週間
競泳ではなく、シンクロ
投影はやめられない
変化の語源は、物々交換

感情は体にどう現れるか、感情体内マップ

その他、左上の検索キーから、「記事」を選択してキーワードを検索すると、これら以外の記事も見る事ができます。
posted by ヤス at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲシュタルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック