【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年05月01日

スポーツに関する記事

スポーツ心理学「カタストロフィー理論」
実存主義的現象学をスポーツ心理学に
5−8.献身無しに成功は無い
3−5.状態はコントロールできる
2−14.ポジティブ・ビジュアライゼーション

半数のスポーツファンが超能力的な事を経験
エリートアスリートに対して催眠ができる事
頭への衝撃は脳震盪がなくても脳変化に影響
NLPを使ってアスリートのパフォーマンス向上。ルーマニア女子柔道
香港卓球選手、REBTを使いオリンピック銀メダル獲得

論理感情行動療法(REBT)をスポーツに応用する
新メンバーに対するいじめの心理学
プロアスリートはアマより高い知覚追跡力、学習能力示す
ピークパフォーマンスにはダメパフォーマンスが必要。修正理論
運動がうつ病を軽減する、しかし更なる研究が必要

現代のスポーツ心理学。パフォ発揮、プレッシャー克服など
グリフィス、失敗じゃない。スポーツ心理学、野球への応用
スポーツ心理学の親、コールマン・グリフィス
スポーツ心理学の源は1920年代、Wマイルズのフットボールへの応用から
セルフトークはスポーツ以外でも有効

ゴルフ選手に催眠を
アスリート長者番付男トップはウッズ、女トップはシャラポワ
バスケ3ポイントシュートを催眠で向上させる
バトミントン、催眠でショートサーブが向上
WBC決勝トーナメント見に行きました。残念!しかしラッキーも

アスリートの求める状態、フロー
スポーツ心理学の定義
アスリートに催眠を。その12、まとめ
アスリートに催眠を。その11、リハビリ
アスリートに催眠を。その10、ケガや痛みのマネジメント

アスリートに催眠を。その9、プレーの振返りと改善
アスリートに催眠を。その8、自信とモチベーション
アスリートに催眠を。その7、集中力
アスリートに催眠を。その6、興奮マネジメント
アスリートに催眠を。その5、ベストな興奮状態の作成

アスリートに催眠を。その4、スキル開発とテクニックの向上
アスリートに催眠を。その3、ゴールセッティング
アスリートに催眠を。その2、イメージングとヴィジュアライゼーション
アスリートに催眠を。その1、リラクゼーション
アスリートに催眠を使う際に気をつける12のこと

催眠はリラクゼーションとイメトレの合わせ物
フロー、ゾーン、ゴルジ腱器官の解放
フロー状態は一種の催眠状態である
スポーツでの催眠。イメージングとリラクゼーション
自信は本当に成功につながるのか?

自分のイメージと実際とのズレ
日米のスポーツ産業の規模
少年野球選手に催眠を。パフォーマンス向上とトラウマ解消
ボスの誕生日会。久々のバッティング
日本人が見るスポーツ:野球、高校野球、フィギュア

日米野球選手73%が縁起担ぎしている
フロー・私たちの活動時間はどう使われているか
日本のプロ野球選手の平均年俸は3700万円
日本ゴルフ人口は約1000万人、世界の15%を占める(2位)
プロ野球開幕前の楽天・嶋選手のスピーチ。感動しました

巨人・小笠原道大選手、史上38人目の2000本安打達成!
フランス柔道人口は日本の4倍、80万人
塁間マネジメント・考える盗塁
不安定要素が多いほど、縁起担ぎが多くなる
野球選手に学ぶ

実質よりも比較で認知する
仲間が助けてくれると思うと課題負荷下がる
音楽はしんどいことを軽減する
メンタルタフネス、8つの要素
妊娠中に運動をすると赤ちゃんの脳発達に有効

歩けなかった金メダリスト、ウィルマ・ルドルフ
激励トークがアスリートの感情にどう影響するか
有酸素運動が神経硬化症患者の記憶力を高める
自己効力感がパフォーマンスに影響する
チャレンジャー精神で

EURO2012 オランダ3タテで終了
EURO2012 オランダ、ドイツに2-1で負ける
EURO2012オランダVSデンマーク、領事館で観戦
合気=相手の動きを利用する術理
ダンスは原始的な脳を刺激してくれる

運動が緊張症に有効
週1回のヨガレッスンで腰痛バイバイ
ちょっとずつ進みます
「〜しないでください」は「〜してください」
代打は準備が大事

できることを確実にやっていくこと
野球選手に学ぶ
仲間の支え。生きていることに感謝
プロゴルファーに催眠を使いパフォーマンスアップ
漸進的筋弛緩法、1920年代ジェイコブソンが開発

スポーツの見える化:パフォーマンス・プロファイリング
楽観主義の方が悲観主義よりも良いのか?
プレッシャー下では左拳を強く30秒間握りましょう
練習インターバルがパフォーマンスに影響する
ユーモアに触れると問題解決力が上がる

3Dを使って傍観者効果を実証
イチローの結果だけじゃなく姿勢にも感動
広島カープとヤクルトスワローズの由来
ミラーニューロン、見るだけでするのと同じ脳活性
思考の変化で視力アップ

名打撃コーチ、金森コーチが推奨する新しい打撃理論
凡打しても励ましてくれるベンチワーク
カラオケには脳内ホルモン活性、血液循環、脂肪燃焼効果がある
帰属心はポジティブ感情、社交性、お金の使い方に影響
アスリート試合前の恐怖感と自己効力感

プレッシャー下で誰が力を発揮するのか。クリケット選手
大リーグ主審の誤審に見る無意識の力
仰木マジック 勝利の人事管理術「自信を持ってもらわないと」
「〜するなよ」じゃなくて「〜しよう」
催眠の定義とその効果

簡単な運動が痴呆対処に有効
ウォーキングが乳がんのリスクを下げる
運動は心と体に大きなメリットがある
合気道=円の動きを使い、合理をもって相手を制するを旨とす
考えすぎはパフォーマンスに悪影響

心臓の高まり、汗ばみは悪いサインではない。解釈が決め手
リスクとハザードの違い

その他、左上の検索キーから、「記事」を選択してキーワードを検索すると、これら以外の記事も見る事ができます。
posted by ヤス at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック