【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年05月01日

催眠に関する記事

言語構造の理解に大きく貢献、チョムスキー
4−2.信念が潜在能力発揮を決める
3−2.状態管理の鍵
2−2.NLP:脳をベストに動かす科学
はじめての催眠講座(全55記事)

英国医師会による催眠の定義
エリートアスリートに対して催眠ができる事
催眠を使ったメンタルトレーニングで自己イメージアップ
催眠とCBTが過敏性大腸症候群(IBS)に有効
催眠は存在するー神経科学からの証明

プロゴルファーに催眠を使いパフォーマンスアップ
催眠でポジティブ思考促進。胃を健康に
グリフィス、失敗じゃない。スポーツ心理学、野球への応用
スポーツ心理学の親、コールマン・グリフィス
催眠によるリラクゼーション療法が閉経後の女性の性生活にプラス

現状を承認し、目標のために使っていく
ゴルフ選手に催眠を
バスケ3ポイントシュートを催眠で向上させる
バトミントン、催眠でショートサーブが向上
催眠にかかりやすさとダイエット

催眠とは意識を情報で溢れさせて無意識に影響すること
催眠無痛覚にリラクゼーションは必ずしも必要ではない
ヒルガード、ネオディソシエーション理論
アスリートの求める状態、フロー

自発的催眠は現在の定義には含まれていない
催眠の定義とその効果
バスケのパフォーマンス向上とフローにおける催眠効果
アスリートに催眠を(全12記事)
アスリートに催眠を使う際に気をつける12のこと

催眠はリラクゼーションとイメトレの合わせ物
80年代以前の催眠研究が役立たない訳
フロー、ゾーン、ゴルジ腱器官の解放
フロー状態は一種の催眠状態である

スポーツでの催眠。イメージングとリラクゼーション
催眠の歴史(全9記事)
催眠療法は筋斗雲に乗ること
認知催眠療法を使って痛みコントロール
元気玉は本当に効く

具体性、具体性、具体性
比喩は気づかれないが大きな力を持つ
ラポールは帯をつかむこと
賢さとは出来事を利用する能力
催眠療法を使ってペーパーテストで能力発揮

エリクソニアン催眠の専門家の対談
催眠、ネオディソシエーション理論
ストレスマネジメントが肌の健康につながる
少年野球選手に催眠を。パフォーマンス向上とトラウマ解消
「書く」ことの大事さ

BBCの催眠療法についての動画
欲しい結果を定めてそのために脳を使う
催眠と痛みに関する実験 バラバズ
いかに自分に許可を出すことができるか
不眠は肥満、高血圧、糖尿病の可能性を高める

気分に影響するか、心理構造に影響するか
催眠にはモチベーション、信念、期待が不可欠
クライアントさんのウォンツがあって成功する
「〜しないでください」は「〜してください」
催眠の3レベル・運動、感覚、記憶支配

催眠療法、ラポールと心構えがモノを言う
漸進的筋弛緩法、1920年代ジェイコブソンが開発
モーツアルト効果(クラシックは赤ちゃんの脳に良い)は本当か?
実質よりも比較で認知する

その他、左上の検索キーから、「記事」を選択してキーワードを検索すると、これら以外の記事も見る事ができます。
posted by ヤス at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 催眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396127199
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック