【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年05月05日

産後うつ病、父親にも母親と同じ発生率

2012年のオーストラリアの研究によると、出産後の母親と同じように、父親も妻の出産後に過度の緊張、ストレス、うつ病を経験する可能性があると報告されています。

うつやストレスにはセロトニン配合のこのサプリが効果的。半額セール実施中!
今、大切な人が"うつ"に…全く新しいサプリメント【セロトアルファ】


研究の中心者、メルボルン・ペアレンティング研究所のジャン・ニコルソン博士(Jan Nicholson)は「出産後の父親の疾患確率が母親のものと同じレベルである事は驚きでした。出産後の父親のメンタルヘルスはこれまで研究されていない分野でした」と述べています。

ニコルソンは「赤ちゃんが生まれた後に過緊張、心配、ストレス、対処できないという感覚、うつ病、絶望的な感覚を含む症状が現れる事」「ベイビー・ブルー」と定義しています。

今回、研究者たちは5000組の新しい母親・父親に、子供が5歳になるまでメンタルヘルスに関するアンケートに答えてもらい、父親から3471の回答を得る事ができました。子供が生まれて最初の1年間では9.7%の父親が産後うつ病にかかるという結果が報告されました。これは9.4%の母親を上回るものです。また統計的に重要な差だと言えます。

「新たに父親と成った男性は、同じ年頃で同じ経歴を持つ一般男性と比べると、40%ほど高い確率でこういった症状にかかりやすい」とニコルソンは言います。

また所得が少ない男性はそうでない男性と比べて70%もかかる確率が高く、若い男性ほど高い確率を示したそうです。赤ちゃんが生まれた最初の1〜2年で高いレベルのストレスを感じている父親は、かなり高い確率で子供が2〜4歳になった時点において心理的問題を抱える事が予想できるそうです。

ニコルソンは産後うつ病に悩むのは女性だけだと考えるのは間違っているようだ。母親は肉体的変化から来るストレスがあり、出産に関わるサービスにしても母親と赤ちゃんだけに焦点を当てたものばかりで、父親のメンタルヘルスを誰も見ていなかった。今回の研究で父親も同じ確率でメンタルヘルス問題を抱える事が分かったから、彼らに対するサポートにも力を入れるべきだ」と述べています。

うつやストレスにはヨガも効果的。大きく呼吸をして、体を動かして、汗をかいて、不要なものを排出!
★全国80店舗以上!ホットヨガスタジオLAVA★



参照
http://psychcentral.com/news/2012/05/08/dads-also-suffer-from-postnatal-depression/38314.html
posted by ヤス at 05:34| Comment(0) | TrackBack(0) | カップル・夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック