【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年08月13日

スポーツの見える化:パフォーマンス・プロファイリング

パフォーマンス・プロファイリング(以下、パフォプロ)とは、アスリートの目標達成の為に使われるパフォーマンス分析法の事です(Butler & Hardy, 1992)。パフプロには様々な形式がありますが、最も一般的なのはグラフにして視覚情報にする方法です。

パフォプロは肉体面、メンタル面、技術面等の分析に使われます。



使い方

パフォプロの使い方として、基本的なものは、アスリートかコーチが、ベストパフォーマンスの為に必要だと思われる性質を選びます。この段階で、ブレインストーム式のセッションをすると有効です。

そしてアスリートやコーチが、それぞれの性質について採点をしていきます。その点数は、レーダーチャートとして視覚化されます。採点は、プレー前、中、後に実施する事が可能です。


使う目的

よくある目的が、目標を設定する、または明確にする事です。パフォプロは、アスリートとコーチの両方にとって、何に集中すべきかを教えてくれるシンプルな視覚ツールとなります。また、パフォプロ作成にアスリートが参加する事で、アスリートのモチベーションも高くなり、アスリートとコーチの関係も改善します。

例えば、パフォプロをシーズン前後に作る事で、成長の跡を確認する事ができます。

ある実験(Weston, Greenlees, & Thelwell, 2011)では、パフォプロを取り入れたイギリスの大学ラグビーチームが、より高い自己認識(自分たちは何が強くて、何が弱いのか)を達したと報告されています。

パフォプロを導入する事で、自分の状態を視覚化でき、それにより具体化する事で、目標をより明確にし、着実にレベルアップをしていく事ができます。

パーソナルトレーニングジム


パフォーマンスに興味がある方は以下がオススメです。
パフォーマンス・マネジメント―問題解決のための行動分析学
短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント
脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方


参照
http://www.asdccr.ca/images/library/022112_E8EqMS23GPjG297_164217.pdf
posted by ヤス at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック