【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2014年08月23日

モーツアルト効果(クラシックは赤ちゃんの脳に良い)は本当か?

クラシック音楽は赤ちゃんをあやし、クラシック音楽のファンする効果があるようです。しかし頭を良くするという効果はなかったそうです。アパラチアン州立大学の研究者が、モーツアルトのピアノソナタを聴いたら知能を高めるというモーツアルト効果の実態に迫りました。


モーツアルト効果は1993年にカリフォルニア大学アーバイン校の科学者達によって報告されました。この研究では、大学生を2つのグループに分け、空間に関するテストをしてもらいます。1つのグループは、テスト前に数分間モーツアルトのソナタを聴いてから取り組んでもらい、別のグループには異なる音楽を聴いてもらうか、何も聴かずにテストに取り組みます。結果は、モーツアルトを聴いたグループは別グループよりも高い点数を採ったそうです。

しかしこのモーツアルト効果は15分で消えてしまい、その後、科学界で物議を醸すものとなりました。しかしながら、メディアや政治家はこのモーツアルト効果現象に便乗し、クラシックを聴く事は沢山のメリットがあり、体と心の問題を和らげると提唱し始めたのです。

この流行現象から、クラシックを聴くと赤ちゃんは賢くなるといった謂れが生まれました。ある年にジョージア州知事は、生まれて病院を去る赤ちゃん全員にモーツアルトのソナタ等のクラシックが入ったCDを配る事を義務化したくらいです。

こういった流行にも関わらず、クラシック音楽が赤ちゃんを賢くするというのは、非常に薄弱な説です。元々の研究の中心者でさえフォーブス誌のインタビューで「(モーツアルトのソナタを聴く事が数学的な問題解決には有効だと言うものの)クラシック音楽が健康問題を治したり、赤ちゃんを賢くするなどというのは何の根拠もない」と言っています。

アパラチアン州立大学の研究者らの実験によると、1993年になされたような、クラシック音楽を聴く事による学生のテストの出来の違いは見られなかったそうです。





胎教に興味がある方は以下がオススメです。
おなかの中から始める子育て―胎内記憶からわかるこれだけのこと
はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!
胎教・赤ちゃんは天才です
マタニティ・ヨガLesson―DVD付


参照
http://www.babycenter.com/0_the-mozart-effect-classical-music-and-your-babys-brain_9308.bc
posted by ヤス at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック