【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2015年02月24日

窃盗癖の治療法として何があるか

窃盗癖(kleptomania)とは強い窃盗欲に特徴付けられる医学的症状の事を言います。窃盗癖を患う人はコントロールできないような衝動にかられて物を盗みます。たいてい彼らが盗む物は安価な物が多いです。


窃盗癖は中毒行動の一種であり、これを患う人はその他の精神障害も患っているケースが多いです。よくあるのが緊張、うつ、パニックといった症状です。緊張症状を抑える事が窃盗癖を抑える術として知られています。

窃盗癖に特定の治療法はなく、あるケースでは薬によって治療され、他のケースでは認知行動療法(CBT)等が使われます。薬物によって治療を図る時は緊張の症状に効く、精神安定剤が使われます。

ベンゾジアゼピン類、抗鬱剤類、抗痙攣薬物、中毒対策の薬物等が窃盗癖に対して使われます。

うつ・不眠でお悩みなら。全く新しいサプリ【セロトアルファ】


心理セラピーという面では、系統的脱感作、嫌悪療法や潜在的感作(systematic desensitization, aversion therapy, and covert sensitization)等があります。これらの薬物やセラピーを組み合わせて実施されるのが一般的で、注意しないといけないのは症状が減ったり、完全に治ってからの再発です。再発の際にはすぐに治療ができるようにしておく必要があります。

参照
http://nws.mx/1zwX39l
posted by ヤス at 03:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック