【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2015年03月26日

長時間労働が男女差別を促進する

アメリカ、コーネル大学の新たな研究で、長時間労働は特に女性にとってネガティブな影響があると報告されました。

夫婦共働きの家庭において、女性は仕事と家庭と、つまり、2つの仕事を両立するように思われているのが現状です。夫が長時間労働をする場合、女性が仕事の量を減らすというのが一般的なようです。

相談料0円着手金0円取れなかったら費用0円

残業代請求無料相談センター



実験の中心者、ヨンジョー・チャいわく「夫が長時間労働をする時、妻の仕事量は減るが、妻が長時間労働をする時、夫の仕事量は変わらないことが多い。つまり、長時間労働の傾向が高まるほど、こういった男女の違いが見られる。男性は一家の大黒柱となり、女性は家事をするといった風潮が更に強まる」とのこと。

チャは今回の実験で、1995〜2000年においてアメリカの共働き夫婦のデータを分析しました。分析結果は、夫が週60時間以上働く夫婦の場合、44%の妻が仕事を辞めるのに対し、女性が長時間労働しても、男性の仕事には影響しないという事が判明しました。

また、データを教育の要する専門職に限定した場合、夫が週60時間以上働く夫婦の妻は52%の確率で仕事を辞めるという結果になりました。ここでも同じように妻が長時間労働をしても、夫の仕事には影響を与えなかったそうです。

※実験や調査にはクエスタントが使えます!無料版だけでもかなりのアンケート調査が可能です。


専門職において夫が週50時間以上働く確率は女性のそれよりも2倍以上高く(夫30%、妻12%)、女性が家事の手伝いを受ける度合いも、男性と比べて低いと言えます。

また、結婚をして子供がいる家庭においては、この特徴は更に強いようです。夫が週60時間以上働く夫婦の妻は、子供がいる場合、子供がいない家庭と比べて、90%も高い確率で妻が仕事を辞めるそうです。




参照
http://psychcentral.com/news/2008/08/01/overtime-work-negatively-impact-on-women/2683.html
posted by ヤス at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック