【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2015年09月14日

Eセラピーはセラピストからはどう見られているか

技術の進歩によりセラピーもネット上でできるようになってきました。そういったEセラピーやEカウンセリング(以下、Eセラピーとする)を利用するクライアントは近年、増加傾向にあります。それに伴いEセラピーを実施するセラピストも増加しています。


そこでマレーシア国民大学の研究者たちがEセラピーのニーズについて調査をしました。20人のセラピストが、Eセラピーに関するアンケート('Perceptions towards Online Counseling Questionnaire'; 全38問)に答えました。

結果は、調査に協力した20人のセラピストはEセラピーに対して肯定的な見方をしているものの、彼らは自分のクライアントに対しては対面でもセラピーを好む、というものになりました。

研究者たちは、今後より多くの人が心、メンタルヘルスの問題に対処する為にインターネットを通して、その助けを求めるだろうと示唆しています。従って、Eセラピーの応用に対する研究が今後もますます求められるだろうと述べています。





参照
http://bit.ly/1UNlbid
posted by ヤス at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック