【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2015年10月26日

イギリスの学士号はどうした基準を満たすのか

イギリスの高等教育(大学以上の事)は世界で高い評価を得ていますが、イギリスの学士号レベルはどういった基準を満たす必要があるのでしょうか。高等教育における品質保証部(Quality Assurance Agency, QAA)は、学習者が以下の基準を満たしたら学士を認定すると決めています。

留学エージェントにまとめて資料請求!【留学Style】


●その分野の鍵となる事柄の体系的な理解をしている事。これには、一貫性があり詳細な知識を含み、その一部がその分野での最前線のものであること。
●その分野において、確立されたテクニックの分析を正確に行い、問いかけをする能力を持つ。
●学生に以下の事を可能にするような概論の理解を示す。
  ーアイデアやテクニック(一部は最新のものである事)を使い、主張点を形成し、問題を解決する。
  ー最新のリサーチについて説明、コメントする。
●知識の不確定さ、曖昧さ、制限を理解している。
●自身の学習を管理し、学術的な見解や主要な情報源を活用する事が出来る。





一般的に学士号を持つ人は以下の事が出来る:
●知識や理解の見直し、確定、拡大をする為の方法論や技術を応用し、プロジェクトを開始、遂行する事が出来る。
論点、仮定、抽象的な理論やデータを深く評価し、特定の問題に対して、解決策を実現する為の適切な質問を形成する事が出来る。
情報、アイデア、問題や解決策を専門家と素人に説明できる


学士号取得者は以下の能力を持つ:
●雇用に必要な性質や汎用的スキル。
  ーイニシアチブと自己責任の行使。
  ー複雑で予期できない状況における意思決定。
  ー職業人として必要な継続的学習をする学習能力。





優等学位付き学士号の保持者は、複雑な知識体系(その一部は最新の事柄)を理解する。この過程を通して、保持者は、多くの職に応用できる分析技術と問題解決スキルを身につける。保持者はエビデンス、論点、仮定を評価し、健全な決断に達し、それを効果的に伝達する事が出来る

優等学位付き学士号の保持者は、自己責任の行使、複雑で予想できない状況における決断といった、就職に必要な性質を持つ。

優等学位付き学士号の保持者は、行動教育資格保持者の中で最も大きな部類である。一般的にこのレベルのプログラムの学習目的は3〜4年間のフルタイム学習で達成できるものであり、”Bachelor of Arts, BA (Hons)” や “Bachelor of Science, BSc (Hons)” といった資格が与えられる。このレベルの学士号の追加として、学士号レベルの教材を使った、短いコースや職業的編入コースがあり、他の分野で学士号をすでに達成した者が、修士号に向けての準備として取るコースがある。

参照
http://www.qaa.ac.uk/en/Publications/Documents/qualifications-frameworks.pdf
(p.26)


posted by ヤス at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック