【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2015年11月22日

職場でのマインドフルネスワークがストレスを減らす

オハイオ州立大学のウェクスナー医療センターの研究によると、マインドフルネスを導入することで、高ストレスの仕事に就く労働者のストレスレベルを大きく減らすことができると報告しています。


この研究の参加者は、マインドフルネスのワークを実践する介入グループと、実践しない制御グループに分けられました。介入グループは8週間のマインドフルネスのトレーニングを受けます。そこでは、ストレッチ、ヨガ、瞑想、音楽といったものを利用していきます。

★日本最大級!ホットヨガスタジオLAVA★


トレーニングの1週間前と、1週間後に心理面と身体面からストレスを計測します。

結果を分析すると、介入グループでは、逃走・闘争反応の現れである、交感神経システムの活性化の指標、「唾液αアミラーゼ」が大きく(40%)減少していました。 また、心的なストレスの計測においても、介入グループでは、ストレスレベルとバーンアウトのリスクの軽減が見られました。 制御グループに変化はありませんでした。

慢性的にストレスの強い状況にあると、人はイライラしたり、神経質になったり、圧倒されたような気持ちになったり、また、集中や記憶が難しくなります。そして、食欲、睡眠、心拍数、血圧に大きな波が出ます。

職場でのマインドフルネスの実践に今後もますます注目したいと思います。

参照
http://psychcentral.com/news/2015/05/12/workplace-mindfulness-based-interventions-cut-on-the-job-stress/84533.html




posted by ヤス at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック