【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2015年12月06日

ストレスが脳に及ぼす影響

慢性的なストレスは心と体の健康に害を及ぼします。生物学的なストレス反応は長期的に作用するようにはできていません。現代の生活で、人は様々なストレスを経験し、ストレスは最も大きな健康障害の一つと成っています。



慢性的ストレス

慢性的ストレスは肥満、糖尿病、心臓病、ガン、免疫力低下の可能性を増加させます。また、心の面では不安障害やうつ病と関連しています。アメリカの最近の調査では、66%の人が慢性的にストレスによる身体的症状を、63%の人が精神的症状を経験しているそうです。




メンタルヘルス

PTSDなど、ストレス障害を患う人の脳内を調べると、白色物質と灰色物質の割合が、そうでない人の脳と比べて大きく異なるそうです。ストレス障害を患う人の脳には、白色物質の割合が高いという事が発見されました。研究をしたカリフォルニア大学バークレー校は、将来的にはこのメカニズムの原因を探ろうとしているそうです。



灰色物質

脳内の灰色物質は、情報を処理し保存する「神経細胞(neuron)」と神経細胞をサポートする細胞「グリア(glia)」からできています。白色物質は、大部分が、軸索突起(axon)でできていて、これが神経細胞につながる繊維のネットワークを作ります。白色物質はミエリンで覆われていて、これによって神経を孤立させ、細胞間の信号交通を加速させます。


海馬(Hippocampus)

記憶と感情に関わる「海馬」に関する研究を、大人のネズミに対して行いました。そして、神経幹細胞が予想とは異なる動きをすることを見つけました。当初の予想では、神経幹細胞は神経細胞や「星状細胞(astrocyte)」という種のグリアになると考えられていましたが、ストレス下では、神経幹細胞は「希突起神経膠細胞(oligodendrocyte)」というまた別の種の、ミエリンを作るグリアになりました。希突起神経膠細胞は、神経細胞が情報交換できるようにするコミュニケーション道具である、シナプスの作成にも協力してくれます。

つまり、慢性的なストレスはより多くのミエリン作成細胞と、より少ない神経細胞を作成します。これが脳内のバランスを壊し、脳細胞の通常のコミュニケーションに関するタイミングを壊すと考えられています。


ストレス障害と脳のつながり

ストレス障害を患う人は脳のつながりに変化が現れます。例えば、海馬(hippocampus)と扁桃体(amygdala)に強いつながりを作ります。扁桃体は「闘争・逃走反応」に関わります。またストレス障害は、海馬と前頭前野皮質(prefrontal cortex)のつながりを弱めます。前頭前野皮質(prefrontal cortex)は闘争・逃走反応を弱める働きをします。

もし扁桃体と海馬が強いつながりを持つと、恐怖に対する反応がより急速になります。前頭前野皮質と会話のつながりが弱いと、落ち着く力やストレス反応を抑える力が、弱くなります。従って、ストレス障害を患う人は、ストレス下において、より強力な反応をし、それを抑えるためにより弱い力しかないことになります。


希突起神経膠細胞(oligodendrocyte)

慢性的ストレスがメンタルヘルスの問題となることの原因として、希突起神経膠細胞(oligodendrocyte)が鍵を握るのではと考察されています。また、脳幹細胞が長期的なストレスによって、神経細胞ではなく、ミエリン作成細胞となり、認知機能を低下させているのではとも考えられています(神経細胞が学習や記憶のための電子情報を処理するので)。

これらの発見はネズミを使った実験ですが、ストレスに対しての人間の脳を知る、大きなヒントになります。今後、人間の脳での調査が必要とされています。




参照
http://psychcentral.com/blog/archives/2014/02/25/how-stress-affects-mental-health/
posted by ヤス at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック