【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2016年04月10日

ジョギングが広まったようにマインドフルネスも

マインドフルネスが近年注目を集めています。医療や心理療法の分野ではもちろん、その他、ビジネスや政治でも使われてきています。アメリカの科学者、ジョン・カバット・ジンが慢性的な痛みに悩む患者のためにそもそもは開発されました。


その後、イギリス、オックスフォード大学の心理学者、マーク・ウィリアムズを中心とするチームが再発的なうつ病に有効だと発見します。その後、マインドフルネスはイギリス中の再発性うつ病に対してオススメのアプローチとなります。

そこから、エクセター大学のウィレム・クイケンらが、それ以外の事柄にもマインドフルを使うとどうなるのかという研究を始め、更に盛んになっていきました。


カバット・ジンはよくジョギングの例えを使います。1960年代に彼はジョギングを始め、周りの人はそれはちょっと変だと感じました。しかし現在では多くの人がジョギングをしています。マインドフルネスの流行度は、ジョギングよりも急ピッチです。ジョギングが一日中机に縛られた労働者の健康に大事なように、マインドフルネスも情報の溢れた現代の人にとって必須なものとなるでしょう。

マインドフルネスが教えてくれることは、私たちの経験の大部分が、脳によって形作られるということです。これを頭だけではなく、体で体験することは、大きな経験となります。私たちに制限をもたらすと考えられる、衝動的な動きを止めて、より創造的で、同情的で、辛抱強く、勝手な思い込みをしないような反応を引き出してくれます。


マインドフルネスはその後、科学的に分析され、元々の生まれであった仏教から離れ、応用されていきます。現在では、労働者や軍人が、彼らのパフォーマンスの向上のために利用しています。

参照
http://www.theguardian.com/commentisfree/2014/may/06/mindfulness-hospitals-schools
posted by ヤス at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック