【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2016年04月12日

マインドフルネスは腰痛にも効く

アメリカでは1億人の成人が慢性的な体の痛みを経験していると言います。ピッツバーグ大学医学部の研究で、8週間のマインドフルネス・トレーニングをすると、高齢者が抱える慢性的腰痛の痛みを軽減でき、腰の機能を強めることができると報告しています。


今回の実験では282名の高齢者(平均年齢74歳)が参加し、2つのグループに分けられました。1つが制御グループで、8週間、特定の教育プログラムを受けました。もう1つのグループは介入グループで、マインドフルネスの瞑想トレーニングを受けました。





マインドフルネスのグループは3つの瞑想を学びました。1つ目が、「自己チェック」といって、体の感覚を何の判断もせずに感じていく瞑想。2つ目が座った姿勢で呼吸に注意を向けるもの。3つ目がゆっくりと歩き、その間、体に意識を向ける散歩瞑想。

両グループはこのプログラムを終えてからと、その後フォローアップで6ヶ月後に集合し、アンケートを記入しました。

8週間のプログラムを終えてからの調査では、痛みと機能において改善したことがわかりました。そして、その6ヶ月後では、「現在も生じていて、激しい痛み」という欄に置いて、最も大きな改善を見せました。


実験者たちは慢性的な痛みに対して、薬を使わない介入をもっと探るべきだと述べています。というのも、薬による介入は患者がその副作用を怖がっていたり、医者の方にも最適な薬を選ぶ知識がなかったりするからです。

もし読者の方で腰痛に悩んでいたら、この実験で使われた上記の3つの方法がお薦めでしょう。


参照
http://www.mindful.org/using-mindfuness-to-treat-back-pain/?utm_content=buffer5ad5d&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer
posted by ヤス at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック