【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2016年04月13日

マインドフルネス度が高い親の子供はストレスが低い

マインドフルネスの効果が色々と報告されています(ストレス、健康、決断力)。メルボルン大学、リー・ウォーターズの研究ではその家族にもたらす効果が調べられました。


あるコミュニティの中で親と子供を調べると、子供のマインドフルネス度とストレスの度合いに関係性がありました。マインドフルネスの度合いが高いと、ストレスの度合いが低い。更におもしろい事に、親のマインドフルネス度が高いほど、その子供のストレス度は低いことがわかりました。

マインドフルネスはテクニックというよりも気付こうとする事だと言えます。親はマインドフルネスを実践すると、自分だけではなく、子供にもプラスの影響があるという事です。しかし、多くの忙しい人にはそれが難しいく思えます。

子供英会話のリップルキッズパーク


しかし、マインドフルネスは特に難しい事をするのでもなく、日常的に実践できます。オープンで、好奇心のある態度で、目の前の思考や言葉、アイデアに注意を向ける事が出来ます。

子育てに関してマインドフルにできているかどうか、以下のようなチェックリストがあります。子供と一緒にいる状況で考えてください。

・子供とコミュニケーションを取ろうとしている時に、不快な感情でいっぱいいっぱいになるか?
・ストレスが体内に積もり、心の強さを蝕まれる感じがするか?
・子供や家族の将来の事を考えて、落ち着けない感じがするか?
・子供や自分に対する厳しい思考を処理するのに苦労しているか?
・過去や未来の事に思考が行き、単純に子供や家族との時間を楽しめていないか?
・苛立ちやストレスをある方向に発散しようと、歯ぎしりをしたりしていないか?

以上の質問に対して、1つでも当てはまるものがあれば、以下のマインドフルネスのスキルが効果的です。

・アンカリング:現在に意識を持ってきて、グラウンディング(体が地面と繋がって根のあるような感覚を持つ)をする
・体への気づき:体内に溜まったストレスを解放する
・一点集中:難しい状況にある時に気を集中させる
・柔軟な思考:自分を縛り付けないように、自分の思考と柔軟な関係性を持つ
・広い視野:過去や未来に想いをやるのではなく、現在を広い視野で見てみる
・受け入れる:痛みが来たら、それを乗り越える能力を養う



参照
http://www.mindful.org/mindful-parents-less-stressed-out-kids/
posted by ヤス at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック