【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2016年04月25日

科学的に裏付けられた脳に好影響な7習慣

私たちが持つ体の部分の中で脳こそが最も優れたものだと言えるでしょう。しかしこの脳に対して、何が良いのか、一般的に様々なことが言われますが、科学的に証明されたものはそれほど多くありません。ここではそれら7つをご紹介します。

運動

肉体的運動をすると脳の健康と認知機能に好影響だと証明されています。運動を定期的にする人は脳が大きく、思考や記憶に優れ、認知症のリスクも少ないそうです。高齢者への実験では、運動をよくする人は認知力が10歳も若く出たそうです。この原因ははっきりとはしませんが、おそらく運動によって血液が脳にも十分送られるからではと考えられています。また運動は海馬に新たな神経細胞を作ります。海馬は学習や記憶に携わり、これが萎縮するとうつ病やアルツハイマーとなります。


しかし運動でも衝撃の強いサッカーやラグビーは脳に悪影響で、認知症の可能性を高めたりするそうです。運動を始めるのは早い年齢で始めた方が効果も大きいそうです。

食事とスパイス

脳はかなりのエネルギーを使います。大きさだけだとかなり小さいのに、体全体のエネルギーの20%を必要とします。しかし考えたり、学習したり、記憶や体をコントロールするのはかなりエネルギーが要りそうです。そのためにも何を食べるかが大事になります。加工されていない新鮮なものを食べると血糖値がゆっくりと上がるので、長時間、一定したエネルギーを脳に与えられるそうです。

ビタミンとミネラル

脳が機能するためには幾つかのビタミンが必要だと言われています。ビタミンB12は中枢神経系に不可欠なものであり、これが足りないと記憶喪失につながります。ビタミンDが欠けると認知能力が低下します。鉄分も、酸素を運んでくれるので、脳が正常に働くために(特に女性の月経中)必要です。こうしたものはサプリメントからでも良いですが、食事から摂るのが理想だそうです。




コーヒー

カフェインの覚醒効果だけではなく、アデノシン受容体を防ぐことで、うつ病、アルツハイマー、パーキンソン病のリスクを下げてくれるそうです。血管の健康をよくしてくれるのが原因だと考えられています。

大人気の【送料無料】お試しセット

コーヒー通の豆専門店



瞑想

瞑想は数千年前から実践されてきましたが、ここ10年ほどその効果が科学的に検証されてきています。瞑想をすることで、大脳皮質が分厚くなったり、恐怖や不安を作る扁桃体が縮んだりします。また集中力がない状態の時に感じる不安の度合いも下がるそうです。また、脳内の異なる部分を繋ぐ白色物質を強化し、集中力を高めてくれるそうです。


教育的な活動

生涯にわたって考える習慣があると認知的な健康につながります。だからクロスワードや数独がよく使われています。こういった考える癖が病気を防ぐとは言いませんが、認知回復をもたらすので、プラスであることは確かです。こういった習慣がある人は、脳の病気に対しても対抗できる力が強いと言われています。


睡眠

睡眠中に脳はたくさんのことをします。記憶の強化だったり、不要なつながりを排除します。睡眠不足は認知力に悪影響します。集中力を欠いたり、学習や、創造力のマイナスとなります。睡眠不足が長期間続くほど、その回復に時間がかかります。通常、7時間が最低限必要だと言われています。




脳は一生付き合う臓器です。これら7つの内、できるだけ多くの事を実践すると良いと思います。

参照
http://www.forbes.com/sites/alicegwalton/2016/04/14/7-habits-that-may-actually-change-the-brain-according-to-science/#2deca6237a9c
posted by ヤス at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック