【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2016年06月10日

アルコール使用障害、11の症状

アルコール使用障害(alcohol use disorder, AUD)はアメリカでは特に治療されていない症状です。世界的に見ても、AUDは最も広まっている症状の一つで、病気や死の大きな原因となっています。


アメリカではたった20%のAUD患者しか治療を受けていないといいます。2015年4月のアメリカの調査では、アルコールを飲みすぎる人は増加傾向にあると報告されています。2005〜2012年の間で過剰摂取は17%増加しました。

この背景には特に女性のアルコール摂取が目立つようです。過去と比べて女性の過剰飲酒は7倍も増えたそうです。

2015年6月に、国立保健研究機構のブリジット・グラント博士がアルコールの疫学について記事を書きました。研究によると生涯の内でAUDになるのは成人のうち29%であり(約7千万人)、1年間であれば14%の確率(3300万人)でAUDになるとされています。この実験は成人36000人に対しておこなわれたもので、更なる調査が必要だとされています。

DSM(精神疾患の診断・統計マニュアル)4から5に移る中で、アルコール乱用とアルコール依存を分けていたのを統合しました。また、法的な問題が除かれ、アルコールを強く求めることが追加されました。


AUD、11の症状

1. アルコールが意図したよりも多く、または、長時間に渡って摂取される。

2. アルコールに対する欲求が絶え間なくある、または、摂取量をコントロールしようとするが失敗に終わる。

3. 多くの時間がアルコールを摂取するため、または、その効果から影響するための活動に費やされる。

4. アルコールを摂取したいという強い欲求がある。

5. 仕事、学校、家庭での大きな役割や義務を遂行するのの妨げになるほどアルコールを頻繁に摂取する。

6. 社会的、対人関係的な問題がアルコールによって起きているにもかかわらず、アルコールを継続的に摂取する。

7. アルコールのために大事な社会的、職業的、娯楽的な活動が減らされる。

8. 肉体的に危険な状況にあってもアルコールを頻繁に摂取する。

9. アルコールによってもたらされたと考えられる、肉体的、精神的な問題があることを知っているにもかかわらず、摂取を続けている。

10.アルコール耐性がある。つまり、酔っ払ったり、求める状態になるために必要なアルコール量が増えた、または、同じ量を飲んでも効果が小さくなった。

11. 退薬がある。つまり、アルコールがないと不快に感じる。


これらのうち2つ以上当てはまるとAUDだと診断されます。
2〜3=軽度
4〜5=中度
6以上=強度


もし2つ以上、自分に当てはまると思ったら、医者に相談するのがよいでしょう。同調査で、グラント博士は、AUDに関する教育が重要だとのべています。


参照
https://www.psychologytoday.com/blog/the-athletes-way/201506/what-are-the-eleven-symptoms-alcohol-use-disorder
posted by ヤス at 04:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック