【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2016年06月13日

自身と他人の苦しみに対する繊細さと、それを和らげようとする深い意気込み

思いやり中心療法について学んでいます。参照の映像についてキーポイントを書いていきます。

トラウマで難しいのは普通の生活に帰ってくる時です。例えば、軍人は戦場で強い絆を感じます。こうした友好的システムは、男性のバディシステムによく見られます。脅威的な環境の中で安全とつながりを感じさせてくれます。しかし、こうしたシステムは安全な環境では不向きです。日常生活に復帰した軍人の多くが、バディが周りにいないので空虚感や自己批判を感じます。


孤独感も大事な感情です。孤独感を感じている時、友好的システムは動いていません。人が宗教を求める最も一般的な理由は孤独感からの解放です。孤独の感情は恐怖や怒りといった感情と強く繋がっています。そして、特に損失に対する嘆きの過程などにおいて、驚異的な感情を処理しにくくします。思いやり中心療法は、切り離された感覚や、疎外感といった内的な孤独感の処理に役立ちます


仏教徒の思いやりとは何か。トゥプテン・ジンパは4つの要素があると言います(Jazaieri, et al., 2012)。1つは、苦しみへの気づき(認知的、共感的な気づき)。2つ目が、苦しみによって感情が動かされる事に関する同情(感情的要素)。3つ目、その苦しみから逃れたいという望み(意図)。そして、その苦しみを和らげる反応(動機的)。

思いやり中心療法では、2つの心理学を説きます。思いやりとは、「自身と他人の苦しみに対する繊細さと、それを和らげようとする深い意気込み」だと定義していますが、2つの心理学とは、1つ目が、苦しみに対してアプローチし、理解し、取り組むこと。2つ目が、苦しみを和らげること。この2つだと言えます。

ケアをする(日本語では「配慮」となるでしょうか)とは、他人に対して気遣うこと、他人が苦しみから自由になると望むこと、他人の幸せに興味があり、他人の成長と繁栄を望むことだと言えます。


ある研究では(Fogel, Melso, & Mistry, 1986)ではケアをするとは、それが必要なことに気づき、ケアしたいという動機があり、ケアをするために何が必要かを理解し、それを表現でき、他人への影響からフィードバックを得て変化することだと言えます。

参照
https://www.youtube.com/watch?v=Gm_PEFYgnus
posted by ヤス at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック