【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2016年06月15日

過度の感情表現、過度の注意要求。演技性人格障害

人格とは、個人が自分自身や外界を知覚し、関係付け、そして、考える方法であるとか、深く根付いた行動パターンや態度の事を言います。人格の特徴とは、人格の中でも目立ったものの事であり、必ずしも病的ではないが、特定の人格は対人関係の問題に影響します。


人格障害は凝り固まったもので、不適応なものであり、機能障害や内的な問題に影響します。人格障害は、その人の文化的期待とは大きく異なる行動を長期的に取らせる長期的なパターンです。思春期や成人後に発症し、長年保たれる事で、生活に支障をもたらします。

演技性人格障害の患者は過度の感情を見せ、人からの注意を必要以上に求めます。彼らは注意の的でなければ、不快に感じたり、認められていないと感じます。典型的な行動は、常に承認や注目を集めたり、些細な事をドラマチックにしたり、顕著な自己中心性があったり、不適切な場面で性的に誘惑的な行動をとったりします。

彼らは新しい人と会うと、その熱意とオープンさ、時には色目に寄って、良い印象を与えることがあります。彼らは人生がパーティのようだと振る舞い、会話の内容は自分中心です。見かけや振る舞いで周りの注意をひきます。感情表現は浅く、瞬時に変わります。話し方は過度に抽象的で、詳細を欠きます。想像力や創造力を要する仕事に向くかもしれませんが、論理や分析的な思考を要する仕事には苦労します。男性よりも女性によく見られる症状です。


参照
https://www.psychologytoday.com/conditions/histrionic-personality-disorder人格とは、個人が自分自身や外界を知覚し、関係付け、そして、考える方法であり、深く根付いた行動パターンや態度の事を言います。人格の特徴とは、人格の中でも目立ったものの事であり、必ずしも病的ではないが、特定の人格は対人関係の問題に影響します。


人格障害は凝り固まったもので、不適応なものであり、機能障害や内的な問題に影響します。人格障害は、その人の文化的期待とは大きく異なる行動を長期的に取らせる長期的なパターンです。思春期や成人後に発症し、長年保たれる事で、生活に支障をもたらします。

演技性人格障害の患者は過度の感情を見せ、人からの注意を必要以上に求めます。彼らは注意の的でなければ、不快に感じたり、認められていないと感じます。典型的な行動は、常に承認や注目を集めたり、些細な事をドラマチックにしたり、顕著な自己中心性があったり、不適切な場面で性的に誘惑的な行動をとったりします。

彼らは新しい人と会うと、その熱意とオープンさ、時には色目に寄って、良い印象を与えることがあります。彼らは人生がパーティのようだと振る舞い、会話の内容は自分中心です。見かけや振る舞いで周りの注意をひきます。感情表現は浅く、瞬時に変わります。話し方は過度に抽象的で、詳細を欠きます。想像力や創造力を要する仕事に向くかもしれませんが、論理や分析的な思考を要する仕事には苦労します。男性よりも女性によく見られる症状です。


参照
https://www.psychologytoday.com/conditions/histrionic-personality-disorder
posted by ヤス at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック