【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2016年06月25日

統合失調症(schizophrenia)の概要

統合失調症(精神分裂病)とは長期的なメンタルヘルスの問題のことで、いくつかの心理的な症状を含みます。
・幻覚や幻聴
・妄想(非現実的で強烈な思い込み)
・幻覚、幻聴、妄想から発生する混乱した思考
・行動の変化



統合失調症は精神病とされます。つまり、患者は自分の思考と現実を区別できないことが時々あるということです。

統合失調症はどのように起きるのか。決定的な理由はまだわかっていませんが、研究では遺伝的なものと環境によるものだと述べられています。特定のものが精神分裂症に大きく影響したり、引き金となったりします。

統合失調症は重度の精神病の中で最もよく見られるものだとされています。100人に1人が一生涯で経験するとされ、そのうちの多くは通常の日常生活を送ることができます。発症がよく見られる年齢は15から35歳で、男女に違いはないそうです。通常は精神科医がテストをして、症状の有無を確認します。他の症状と同じように早期発見が薦められます。

治療法としては抗精神病剤と認知行動療法が最もよく使われます。精神分裂症の人は地域のメンタルヘルスチームのサポートから各日のサポートや治療を得ることが多いです。多くの患者が回復をしますが、その途中で再発を経験することもあります。サポートや治療によって日常生活へのインパクトを低減させることができます。


統合失調症を上手に対処すると、重度の再発を防ぐことができます。対処にプラスのこととして、重度のエピソード(発作)が出そうな兆候に気づき、処方されたとおりに薬を採り、他人に症状について話をする、といったことが薦められます。多くの患者が同じ症状を持つ人と話すことがよいと報告しています。

参照
http://www.nhs.uk/Conditions/Schizophrenia/Pages/Introduction.aspx
posted by ヤス at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック