【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2016年08月20日

自主的なチームは生産性が30〜50%高い

自主的なチーム(self-directed work team)というのがあります。これは、従来のトップが方向性を決めるのではなくて、従業員にある程度の決定権を持たせて、計画や行動を決めさせるというものです。これを導入することによって、特にアメリカでは1990年代に多くの企業が生産性を高めました。ある専門家の分析では、この仕組みによって顧客に最も近い人や、現場の人がもっと決定権を持てるからだと述べています。


ビジネス誌『ビジネス・ウィーク』によると自主的なチームは、伝統的なチームよりも、平均して30〜50%生産性が高いと報告されています。その一部が以下です。

・AT&Tでは、オペレーターのサービス度が12%向上した。
・フェデックスでは、サービスでの過失が13%削減された。
・ジョンソン&ジョンソンでは、600万ドルの在庫削減が出来た。
・シェナンドア生命保険では、年間で業務が33%増えたにもかかわらず、20万ドルの人事に関する費用を削減できた。


自主的なチームの強みは何か?500社が参加した調査によると以下が挙げられました。

・質、生産性、サービスの向上
・柔軟性の増加
・業務コストの削減
・技術変化に素早く反応できる
・業務分類のシンプル化
・従業員の価値へよりよく対応できる
・組織への従業員コミットメントの増加
・良い人材の確保



では難しい点は何か?それは、そこまで従業員がコミットをしてくれるまでに、時間がかかるということです。従業員が自己マネジメントできるようになるまでには2〜5年かかると言われています。

またそれに向けた研修も欠かせません。単に問題解決力や決断力を身につけるだけではなく、マネジメントスキルも身につけないといけません。また、他のジャンルにいるチームメンバーの仕事も知らなければなりません。従って、仕事の2割の時間をこういった研修やトレーニングに使うケースも稀ではありません。


これを導入した3Mでは以下の5つが重視されています。

・顧客が最優先だという考えを養う。
・共通のビジョン、ミッションを意識し、役割と業務規律の理解を高める。
・決断し、計画を立て、問題を解決し、ミーティングを実施するために協働する力をつける。
・求められる結果を達成するために仕事の成果を向上させるよう権限を持つ。
・改善していくためにゴール設定と問題解決をする。




自主性の力を教えてくれる試みだと思いました。

参照
http://www.qualitydigest.com/magazine/1995/nov/article/self-directed-work-teams-competitive-advantage.html
posted by ヤス at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック