【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2016年08月28日

仕事パフォーマンスとポジティブ心理学

ビジネスを長期的に成長させるには、人材開発と人材が健康であることが欠かせません。近年の研究では、ポジティブな感情がより強いモチベーション、仕事での充実感、ストレス対処に有効だと出ています。そこでどうしたら仕事での感情をポジティブにしたり、パフォーマンス発揮できるのか研究をベースにご紹介します。

1.強み、美徳、自己決断
仕事に集中して取り組み、内的なモチベーションがある人は、パフォーマンスも高いと報告されています。自己決断をさせるようなアプローチを取ることで、労働者は自由と自主性を持ち、仕事により集中できます。これによって自分の強みを発見したり、それを使えたりします。フロー状態をより得やすいとも言えます。


2.感情知性
感情知性とは自己や他人の中の感情を特定したり、自分の感情をコントロールする能力のことです。感情知性が高いと、自分や他人の性格を察することができ、よりよく交流することができます。また、ストレスや怒りといった非生産的な感情によく対処でき、楽観性、希望、クリエイティビティーなどといったポジティブな感情を使えるようになります。したがって、モチベーションの維持や潜在能力の発揮につながります。


3.心理的資源とポジティブな組織行動
ポジティブな組織行動に関する研究が、仕事への満足とパフォーマンスに関する4要素として挙げたのが、自己効力感、希望、楽観性、そして、レジリエンスです。これらのレベルが高いとより自信があり、ストレスや逆境をより上手に対処でき、モチベーションも高く、成長する可能性も高くなります。これらはポジティブな心理的資源だと言われています。


4.革新と変化のレベル
健康な組織文化とは、組織の価値観と、従業員の価値観が合っていることです。例えば、変化と安定の二つの極に対して、組織はどれくらい変化/安定を求めているのかを知ることは重要です。そして、労働者がどれほど変化/安定を求めているのか。ここがマッチすると労働者はよりポジティブに働き、そして、自分の役割に安定を感じます。


5.美徳のある組織
経済が苦しい状況にある時、組織は誠実、信頼、尊敬の文化を養うことが大事だと言われます。ネガティブな感情や不信のある環境では、ポジティブな感情、地震、楽観、希望、レジリエンスのある環境と比べると、生産性は下がります。


従って、組織は、チャレンジで、計測でき、個人に取って価値のある目標、そして、現実的な達成方法を設定し、障害に打ち勝つことが必要です。強みを生かし、成長をすることで、ポジティブな心理的資源が集まり、仕事への満足感やパフォーマンスを高めることができます。


参照
http://blogs.psychcentral.com/positive-psychology/2011/11/5-ways-positive-psychology-can-improve-the-workplace/
posted by ヤス at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック