【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2017年01月04日

習慣を作るには自分の内的報酬を知ること

定期的に運動をするのは難しいことがあります。定期的な運動を習慣にするには、運動する時間をアラームするといった外的なものと、内的な報酬の両方があると非常に有効だと報告されました。


もし運動が内的に報酬をもたらす(楽しさやストレス軽減など)のであれば、人は外的なアラームに無理なく反応できたり、自分自身を運動するよう説得しないで済みます。

内的な動機が何かは人それぞれ異なります。そして、内的動機を養うには時間がかかります。誰でも最初は少しの努力が必要です。しかし最終的には内的報酬が大きくなり、運動することの方が、運動しないことよりも好ましくなります。運動が内的な報酬をもたらさないのであれば、強制的な決断をすることになります。


運動は複雑な習慣なので、歯磨きなどといった行動よりも多くの時間、習慣を作成するのに必要です。そのため、内的報酬は活動そのものから直接的に来る必要があります。

今回の実験では、運動を始めようとしている人と、運動を3ヶ月以上継続している人に参加してもらいました。

最初の実験では、参加者は毎週の運動時間と強度を報告します。第二の実験では運動を記録するために、加速度計が使われました。

実験者は内的動機が各グループで異なることに気づきました。運動初心者が運動を楽しんだら、彼らは継続する傾向が高くなりますが、それでもまだ意図的なプロセスです。しかし、運動継続者はそうした習慣がすでにあるので、内的報酬が運動をするようにしてくれています。

今回の発見は運動を長期的な習慣としたい人に有効なものとなりました。


つまり、運動を外的な理由(ダイエットなど)ですると、始めるのには良いかもしれませんが、そのゴールを達成した後に、運動が自然な習慣となるには不十分だということです。そして、もしそのゴールがある時点で達成できなかったら、あなたは運動をやめてしまうでしょう。だからまずは習慣を作ることが大事なのです。

多くの人が運動がもらたらすメリットを知っていますが、知識だけでは不十分です。運動をする習慣を作る必要があります。それには自分の内的な報酬、動機を知り、体験する必要があります。今回の実験者の考察では、この、内的な報酬を見つけることが現在の運動プログラムに欠いているのでは、と述べています。

非常に面白い実験だと言えます。


参照
http://psychcentral.com/news/2016/09/15/internal-reward-cue-exercise-habit/109904.html
posted by ヤス at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック