【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2017年01月06日

イギリス労働者、モチベーションとエネルギー不足

2015年、500人のイギリスのホワイトカラー、18〜65歳に対して、一週間で自分のモチベーションとエネルギーが1〜10でどれくらいかをアンケートしました。結果、ほぼ半数の人たちが半分(5)以下だと回答しました。

男女差で見ると男性モチベーション平均が5.7で女性モチベーション平均が4.8。イギリスで最もモチベーション高い地域は北アイルランドで平均6.2、最も低いのはイングランドの北西部で4.3でした。


若い労働者(18〜24歳)は最もモチベーションの低いグループで、35〜44歳の労働者が最もモチベーションの高い労働者(平均5.9)でした。

モチベーションが生産性にもたらす影響を考えると、これは不安な数字と言えます。例えば、2013年のイギリス経済で、病欠によって1億1300万日が失われたと報告されています。モチベーションもかなり大規模な数字になると予想されます。

2013年、別の調査が、5000人のイギリスの労働者に対して行われ、従業員の「任意努力」を使わないコストは大きく、低モチベーション、低健康のために2012年のイギリス経済は60億ポンド(GDPの0.4%)を失ったと報告しています。


この調査ではこの他、ほぼ半数の労働者が、余分な努力をしても認められないから努力をしない(46%)、また、余分な努力をしても報酬をもらえないから努力をしない(47%)と答えています。7%の人が自分の潜在能力を発揮しようと働いていて、27%が自らの生産性を5以下だと回答しました。25%が、ビジネスで良い成果を収めると仕事量が増えるから、成果を収めたくないと答え、3分の1以上のチームが、同僚の病欠のために余分なストレスとプレッシャーを経験しています。

モチベーションが低く、エンゲイジメントが低いスタッフはビジネスのパフォーマンスや従業員の生産性レベルに大きな影響をもたらします。ビジネスを成功にもたらすには従業員が任意努力をするようにしないといけません。

モチベーションの重要性性を示す研究事例でした。

参照
http://www.talk-business.co.uk/2015/11/05/over-half-of-uk-workers-lack-motivation/
posted by ヤス at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック