【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2017年02月12日

イギリス人は1957年が最も幸せだった

イギリス人は1957年が最も幸せだったという研究報告がありました。これは当時の首相、ハロルド・マクミランの主張と重なるものです。


研究者たちは、1776年から2009年の間に出版された800万冊の本に書かれてある言葉で、満足感に関わるものを調査しました。「楽しみ」「平和」「幸せ」といったポジティブな言葉がどれだけ使われているかと、「不幸」「ストレス」といったネガティブな言葉がどれだけ使われているかを比べました。


調べる中で、第二次世界大戦が終わった1945年以降、歓喜や幸せに関する言葉の使用が増加し始め、1957年にそれは最高点に達しました。1957年以降はポジティブな言葉の使用は減りつづけ、特に1970年代のストライキ、中でも1978年の不満の冬の時期に大きく減少しました。

ポジティブな言葉はその後、人々の収入が増えるにつれ増加しますが、1957年のレベルに達することはありませんでした。興味深いことに、1957年というと、家にはセントラルヒーティングもなく、トイレは屋外にあり、休日も少ないといった時期でした。


ワーウィック大学の研究者たちのまとめでは、2つの世界大戦の後、イギリス人たちは生活にある小さな幸せを数える事を覚え、自分が持っているものを見て幸せを感じるようになっていたのではと考えています。

第二次世界大戦が終わり、貧困の生活を強いられていた時代。そこから少し経った1957年、人々は持っているものを感謝することができていたのではと述べています。

この年は平均寿命が男性66歳、女性71歳といった時代。マクミラン首相が「率直に言わせてもらおう。ほとんどのイギリス国民はかつてこれほどにも幸せじゃなかった」と言ったのは正しかったのです。

研究者は、期待が低いほど、また、他の満足をした人々との社会的コミュニティーがある人ほど、人は幸せを感じやすいと述べています。イギリスの現代風潮は個人主義ですが、1950年代の人々は共通のゴールを持ち、コミュニティーの信頼度も高く、外出しても鍵を閉めないというのが常だったそうです。


現代生活で、人々は世界の動きをこの当時の人よりもより多く知ることができるが、それが私たちを不幸にしている可能性もある。そして現代人は仕事でのストレスなどの、増加傾向にあるプレッシャーに立ち向かわないといけない、と記しています。

あるものを見る。非常に大事なことだと思います。幸せになることは誰の人生でも最も大事な事だと思います。非常に良い実験だと感じます。

参照
https://uk.news.yahoo.com/britain-has-never-been-happier-than-it-was-in-1957-according-to-experts-125838414.html
posted by ヤス at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック