【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2017年02月20日

超長時間労働者のエンゲイジメントは低い

今日の組織心理の中でよく言われるのがエンゲイジメント。ギャロップ社の調査によると3分の1のアメリカの従業員は仕事にエンゲイジ、つまり、集中していると報告されています。世界を見るとその数字は13%と落ちます。多くの企業が従業員のモチベーションを高め、その結果、幸せ感や生産性を高めるために、エンゲイジメントをいかに高めるか考えています。


しかし研究者のフラーとシカロフはそこに注意を促します。というのもエンゲイジメントという言葉は非常に曖昧であり、一部では仕事への満足感だったり、仕事への感情投資量、必要以上のことをしようという気持ち、自分の会社が良いと認識する度合いと解釈されたりと、解釈はバラバラです。多くの研究が高いエンゲイジメントがビジネスにプラスだと言いますが、必ずしもそうではなさそうです。

例えば営業パーソンであれば、明確な数値として生産性を測れますが、多くの知識労働者の生産性を測ることは難しいです。そこでフラーとシカロフはマイクロソフト・ワークプレイス・アナリティクスを使って、知識労働者のインプット(労働時間、マネジャーと過ごした時間、ネットワークの規模など)とエンゲイジメントとの関係性を調べました。


様々な企業の社員にアンケートに答えてもらいました。入手したデータで色々な分析をした中で、一週間の平均労働時間を中心として考えてみました。週平均労働時間は、仕事の質や生産性を測るものではありませんが、エンゲイジメントと週平均労働時間の関係性を見てみました。これは2社で大きな違いが出ました。

企業1では、週平均労働時間と生産性の間に強い相関関係が見られました。長時間労働者ほどより高いエンゲイジメントを見せました。質的調査と合わせて考えると、高くエンゲイジした社員は、単純に長時間働くことを選んでいました。エンゲイジメントが高く、長時間働き、より幸せ。企業の投資利益率から見ても、こうした社員は大歓迎でしょう。

ここでは社員のエンゲイジメント度は、彼らがどれだけの時間とエネルギーを仕事に費やそうとするかと関係していると考えられます。しかし極めて長時間働いている社員を見たとき(90パーセンタイル)、エンゲイジメント度は急降下しました(これはしばしば過労を意味します)。


続きは別の投稿で。

参照
https://hbr.org/2017/02/being-engaged-at-work-is-not-the-same-as-being-productive
posted by ヤス at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック