【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2017年03月13日

長時間労働は健康問題を引き起こす

多くのマネージャーが部下に長時間働いて欲しいと思うものです。長時間労働にはトップがそのようにプレッシャーをかける場合だったり、厳しい競争社会に勝ち残ろうとして長時間となる場合、また、心理的に自分が有能だと見せたいと思ったり、プライド、野心から長時間となる場合もあります。近年の研究では、心理的な要素で長時間働く人にとって、仕事場は家庭よりもストレスがかからないと報告したものもあります。一部の人にとっては仕事場とは、有能性を感じられる場所だそうです。


ここで大事な質問は、長時間労働は果たしてより良いアウトプットに繋がっているのか?ということです。面白いことに多くの研究で、そうでもないと報告されています。ボストン大学のエリン・レイド教授によると、週に80時間以上働く人と、そのように見せかける人との間に、業績の違いは見られなかったそうです。

最近の研究では長時間労働にメリットがないというだけではなく、ダメージもあると述べています。フィンランドのマリアンナ・ヴァータネンらの研究によると、長時間労働とそれに伴うストレスは睡眠障害、うつ、アルコール依存、糖尿病、記憶障害、心臓病など多くの健康問題につながると報告しています。そしてこれらは会社にとっても病欠が増え、離職率が高まり、また、企業健康保険の出費が増えます。


またあなたの仕事が対人関係コミュニケーションを主としたり、大事な判断を必要としたり、他人の感情を接するものだったりすると(これらは現代の多くの仕事が当てはまるでしょう)、長時間労働は健康問題をさらに悪化させる可能性があるそうです。

自ら望んで長時間労働をする場合でも、疲れた状態で仕事をするとミスをする可能性が高まります。そして、疲れというのはしばしば自覚のないものだったりします。ある調査によると、一日に5〜6時間の睡眠でパフォーマンスが落ちないのは人口の1〜3%の人だけだそうです。さらに自分がこの分野に入ると思う人のうち、たった5%が実際にこの部類に入るそうです。


別の研究では長時間労働をすると全体像を見る習性が減ると報告されています。同じ研究で、バーンアウトする人は森に迷う傾向が強い、つまり、目の前のものだけを見てしまい、全体像を見失うんだそうです。

つまるところ、長時間労働をするとアウトプットが減り、パフォーマンスも下がるということが言えます。こういったことを先人は知っていたようです。19世紀に組織的な労働が導入された当初の話で、ビジネスオーナーは労働時間を10時間(その後8時間)に制限してみました。すると生産性が高まり、大コストとなるミスが減っていたのです。これはハーバードビジネススクールのレズリー・パーローとジェシカ・ポーターがその一世紀後に、知識労働者の研究で報告した実験でした。新たな実験ではコンサルタントのチームに休憩時間(夜や週末)を与えたところ、生産性が上がったのです。

最近の研究者がいうのは長時間労働を廃止せよというのではなく、長時間労働をたまにしないといけないときもあるだろうが、ルーチン化させてはいけないということです。多くの研究で提唱されているのは緊急事態に週60時間働くこともあるだろうが、それ以外は定時にすべきだというものです。

極めて長時間労働の日本の労働者には特に大事な研究報告だと思います。


参照
https://hbr.org/2015/08/the-research-is-clear-long-hours-backfire-for-people-and-for-companies
posted by ヤス at 05:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447860156
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック