【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2017年04月02日

職場におけるメンタルヘルスの問題。米2割が過去1ヶ月に経験

メンタルヘルスの問題は多くの労働者に影響を与えているが、目に見えにくい症状のため見過ごされています。アメリカの調査(the U.S. National Comorbidity Survey)によると、15〜54歳のアメリカ人労働者のうち18%が、過去1ヶ月の間にメンタルヘルスの問題を経験したと報告しています。


しかし、そうしたメンタルヘルスの問題を持つという事が恥だと思う傾向が強いため、治療を受ける人は多くありません。特に近年のアメリカではそうした事が知られると職を失うかもしれないと思う労働者は多いようです。同時に、管理職はそうした状況に助けをしたいと思いつつも、具体的な方法はわからないようです。さらにメンタルヘルスの治療者にとっても、患者のケアをしながら、職場で症状をどう対処するかアドバイスをするのは、難しい事だそうです。

こうしたこともあって、メンタルヘルスの問題は認識されず、治療されずに進行しているようです。そしてこれは、個人の健康・キャリアと企業の生産性に大きなダメージとなります。しかし、正しい治療をすれば、労働者の症状は改善し、仕事でのパフォーマンスは向上します。それをするには職場でメンタルヘルスに取り組む姿勢を変えなければいけません。

職場でのメンタルヘルスを考える際に以下がキーポイントとなります。

・職場でのメンタルヘルス問題は、他の状況とは違うことがある。
・これらの症状は病欠につながることもあるが、最も大きなインパクトは生産性の低下である。
・研究では治療をすることが仕事のパフォーマンスを高めが、すぐに治るものでもないと報告している。


参照
http://www.health.harvard.edu/newsletter_article/mental-health-problems-in-the-workplace
posted by ヤス at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック