【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2017年05月03日

職場でのメンタルヘルス。積極的なケアがコストダウンになる

メンタルヘルスに関する問題は多くの労働者に影響しています。しかしそれらは外に現れにくいので、見逃されがちです。アメリカの大規模なメンタルヘルスの調査(15〜54歳を対象)では、労働者の約2割が前の月に何らかのメンタルヘルス障害の症状を経験したと答えています。


しかしメンタルヘルスの治療などのケアを受けようとすると恥や格好悪いと思う傾向があり、それらが問題を悪化させています。マネージャーも部下のメンタルヘルスをケアしようと思うものの、手段がわからないというのが多くの場合、現状です。そして、臨床に携わるプロも、この分野は比較的新しく、どのように接するかに困っています。

こうしたことが、労働者、個人のメンタルヘルスとキャリアに悪影響をし、また、会社レベルでは、会社の生産性を下げています。しかし反対に、正しい対処をすれば労働者の症状は改善し、会社の生産性も高められます。その実現にはメンタルヘルスに対する態度を変えること、また、正しい知識が必要です。


メンタルヘルスは外から判断しにくいですが、その経済的損失は目を見張るものです。こういった研究はいくつかなされていますが、例えばWHOの「健康と労働パフォーマンス・アンケート(Health and Work Performance Questionnaire)」はよく使われるツールです。このアンケートは、メンタルヘするが原因で欠勤した日数をたずねるだけではなく、出勤した日にどれだけ生産的かもたずねます。そして、全体的にどれだけ生産性が失われているかを考えさせてくれます。

ある研究では肉体的に、または、精神的に症状を持つ34,622人の労働者を10社から集め、会社が医療や治療薬に使う費用と、労働者が上記のアンケートをして、どれだけ欠勤しているか、また、生産性が失われているかを抽出しました。

研究者が最も費用のかかる症状を計算していくと、それは肉体的な症状ではなく、うつ病でした。不安症は5位にランクしました(2位が肥満、3位関節炎、4位が腰痛、首痛)。


これらの研究が訴えるのは、メンタルヘルス問題に関わる間接的なコスト(例えば、生産性のダウンによる損失)は、直接的なコスト(健康保険料や薬代)を上回るということです。メンタルヘルスのサポートを受ける人が少ないことを考えると、企業はもっとメンタルヘルスの予防やそれに関するスタッフを強めることが勧められます。

メンタルヘルスのケアを利用しやすくするためにハーバード大学の研究者が、電話による心理セラピーを施す実験をしました。対象は業種の異なる16の大企業でした。

心理的なケアの必要な参加者を300人ずつ、電話セラピーグループと対面セラピーグループに分けました。結果を見ると、電話グループの気分は上昇していて、対面グループと比べると、現在の仕事に留まりたいという度合いが、大きく向上しました。電話グループの生産性は週2.6時間分、上昇していて、これは約1800ドルに相当します(電話セラピーのコストは100〜400ドル)

メンタルヘルスへの取り組みは積極的にケアをしていくことで、結果的にコストダウンに繋がると言えそうです。


参照
https://www.hcp.med.harvard.edu/hpq/info.php
posted by ヤス at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック