【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2017年05月15日

【学術出版記事】ディズニーストラテジーのキャリアガイダンスにおける効果測定。クライアントの視点から。(混合・パイロット研究)

ここでは僕の学術出版記事 ‘Disney strategy for Japanese university students’ career guidance: a mixed methods pilot study’ の概要を日本語でご紹介します。

この実験の前の実験で、キャリアコンサルタントが最も有効なNLPスキルの1つとして、ディズニーストラテジーを挙げていました。そこでこの実験ではクライアントの視点から見て、それは本当なのかどうかを調べました。参加者は就職活動をしている大学生6人です。


過去の研究が報告するには、就職活動の成功に影響するものとして大きく4つの要素があると報告しています。それらは職探しの明確さ、職探しの強度、自己効力感、自尊心です。これらをディズニーストラテジーの介入前後でどういった変化があるかを調べました。


また学生さんの体験を詳しく知るためにインタビューも実施しました。

結果は、介入前後で自尊心と自己効力感に、統計的に見て大きな増加が見られました。明確さと強度についてはそうした変化は見られませんでした。

インタビュー分析では、体を動かすこと、ビジョンの明確化、そして、就職に対してポジティブな気持ちになれる、といったことがディズニーストラテジーの強みだと出ました。


明確さと強度に大きな変化が見られなかったのは、今回募集をした学生さんは就職支援のNPOに登録しているような学生さんなので、意識が高く、明確さや強度(就職活動の盛んさ)はもともと高かったのが原因ではないかと思われます。

またディズニーストラテジーは心理的な変化(内的変化)を手伝うものなので、自尊心や自己効力感といった心理的影響は見られるが、就職の明確さや強度といった外的なものとは、関係がなかったのでは、とも考えられます。

そして、インタビュー分析を見ると、近年、特に心理学の世界でいわれる体の動きと心の動きを、学生さんたちが感じたことが伺えます。そして、前の実験でコンサルタントが言っていた「多くのクライアントは3つのうちの1つしか考えられなかったり、複数がごっちゃになって混乱している。でもディズニーストラテジーは3つの視点をバランスよく持たせてくれる」といったことも裏付けるような結果だと言えます。


非常に期待のできる結果です。今後もっと大きなスケール、そして、長いインターバルで実験をしたり、また異文化での効果を見る必要があると思われます。

Kotera, Y., & Sheffield, D. (2017). Disney strategy for Japanese university students’ career guidance: a mixed methods pilot study, Journal of the National Institute for Career Education and Counselling, 38, 52-61. doi: https://doi.org/10.20856/jnicec.3808
記事全文はこちら
posted by ヤス at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック