【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2017年07月03日

ヨガはフィジオセラピーと同じくらい腰痛に効果的

アメリカ人は1年間で2000億ドルを腰痛治療に使うといいます。しかもその治療結果に対する満足度は非常に低い。彼らの多くは痛み止め薬に依存したり、フィジオセラピーに大金を使ったりします。


慢性的な腰痛はアメリカ成人の10%を悩ませ、その多くが人種的にマイノリティーで、低所得者だと言われています。慢性的腰痛を抱える成人数は増加傾向にあります。


多くの実験がヨガが腰痛に有効だと言います。最近、新たな研究で、ヨガはフィジオセラピーと同じくらい有効だと報告されました。この実験で、ボストンメディカルセンターは320人の腰痛患者を集め、3つのグループに分けました。第一グループは腰痛に関する本とニュースレターを受け取る。第二グループは15回のフィジオセラピーのセッションを受ける。第三グループは腰痛のためのヨガのクラスに12週間、通います。第三のヨガグループの参加者は、比較的ゆるいヨガのポーズをします。これに対して第二のフィジオセラピーグループはストレッチや強化トレーニングをします。

結果は、ヨガグループはフィジオセラピーグループと同じくらいの効果を得ていました。そして、その効果は1年後も継続されていました(1年間ヨガまたはフィジオを継続した参加者において)。


実験開始から12週間の段階では、ヨガとフィジオグループの参加者は、第一グループの読書グループと比べて、20%以上も薬を使う量が少なくなっていました。

ヨガとフィジオの効果の間に大きな違いはありませんでした。しかしアメリカではフィジオは保険で支払われるのに対して、ヨガは払われないので、ヨガの注目をさらに高めるものとなりました。

参照
http://www.popsci.com/yoga-back-pain-physical-therapyアメリカ人は1年間で2000億ドルを腰痛治療に使うといいます。しかもその治療結果に対する満足度は非常に低い。彼らの多くは痛み止め薬に依存したり、フィジオセラピーに大金を使ったりします。

慢性的な腰痛はアメリカ成人の10%を悩ませ、その多くが人種的にマイノリティーで、低所得者だと言われています。慢性的腰痛を抱える成人数は増加傾向にあります。

多くの実験がヨガが腰痛に有効だと言います。最近、新たな研究で、ヨガはフィジオセラピーと同じくらい有効だと報告されました。この実験で、ボストンメディカルセンターは320人の腰痛患者を集め、3つのグループに分けました。第一グループは腰痛に関する本とニュースレターを受け取る。第二グループは15回のフィジオセラピーのセッションを受ける。第三グループは腰痛のためのヨガのクラスに12週間、通います。第三のヨガグループの参加者は、比較的ゆるいヨガのポーズをします。これに対して第二のフィジオセラピーグループはストレッチや強化トレーニングをします。
結果は、ヨガグループはフィジオセラピーグループと同じくらいの効果を得ていました。そして、その効果は1年後も継続されていました(1年間ヨガまたはフィジオを継続した参加者において)。

実験開始から12週間の段階では、ヨガとフィジオグループの参加者は、第一グループの読書グループと比べて、20%以上も薬を使う量が少なくなっていました。

ヨガとフィジオの効果の間に大きな違いはありませんでした。しかしアメリカではフィジオは保険で支払われるのに対して、ヨガは払われないので、ヨガの注目をさらに高めるものとなりました。

参照
posted by ヤス at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック