【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2017年07月17日

感謝、長所、味わう。ポジティブ心理学を日常に取り入れる

近年のポジティブ心理学の研究では、ポジティブ心理学の実践をすることで、困難に陥った時にいかに前向きでいられるか、つまり、レジリアンスが高められると報告されています。ここでは具体的に、日常生活で実践できる3つの方法をご紹介します。

1.感謝する。

自分が持っているものに対して感謝の気持ちを持ちましょう。住むところがあり、大事な人が健康であることだったり。人生で良いことに気を配っていると、それは自分の外側にあることに気づきます。つまり、感謝は自分と、自分よりも大きな外部のものとの繋がりを深めてくれます。外部のものが他人だったり、自然だったりします。1日に一回、数分で良いから時間をとって、5つほど自分が感謝することを思い浮かべる、または書き出すと良いでしょう。そして、それぞれがあなたにとって何を意味するかを考えましょう。


2.長所を伸ばす。

長所を伸ばして行くには、まずそれが何かを知る必要があります。イギリスのある研究では、たった3分の1の人しか自分の長所を知らないといいます。自分が良くできることがあれば、それを当たり前だと考えて、長所だと捉えない人も多いようです。もし自分の長所が分からなければ、周りの人に聞くことも可能です。
長所にも色々あり、例えば、感謝ができる、希望が持てる、バイタリティ、好奇心、愛情がある、などといった長所は、より幸せに繋がるものでしょう。そうした長所は伸ばせば良いとより言えるでしょう。


3.良い時間を十分に味わう。

多くの人は、結婚式やバカンスといった特別な日を満喫しようとします。しかし、日常生活にある喜びは、見逃されがちです。しかしそうした喜びにも十分に注意を向けて、楽しむべきです。人生にある喜びを味わうことは、それが大きいものであれ小さいものであれ、幸せにつながります。

マルチタスキングは味わうことの邪魔になります。なぜなら一度に2つのことに注意を向けられないからです。一つのことに集中することが大切です。


参照
http://www.health.harvard.edu/mind-and-mood/3-ways-to-harness-positive-psychology-for-a-more-resilient-you
posted by ヤス at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・メンタルヘルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック