【心の理屈メルマガ】登録はこちらから!

2017年08月29日

思いやりが攻撃性につながる

思いやりを促すのは良い事ばかりだと言われていますが、そうでもないようです。新たな研究で、思いやりは優しい感情や利他的な行動を促すとともに、攻撃性にも繋がると報告されました。

特定の状況において、温かさ、優しさ、同情といった「思いやり」とされる気持ちの性質が、攻撃的な行動につながる。研究者たちは、神経ホルモンに目を向けました。神経ホルモンとは、血流に紛れて移動することもできるし、また、脳内物質として脳内でも移動できる化学物質のことです。


今回、バッファロー大学の研究者が目を向けたのは、2種の神経ホルモンでした。オキシトシンとバソプレシン。これらは「接近行動」を促します。他人に近づこうとする行動です。しかし、人が他人に近づくには様々な理由があります。攻撃もその理由の一つです。

したがって、共感や思いやりがオキシトシンやバソプレシンと関連しているのであれば、共感・思いやりと攻撃に関係ができる。これが実験の仮説です。

実験の結果が示すところ、共感や思いやりは、そこで労っている他人のために感じる攻撃性と繋がっていると出ました。例えば、意地悪な上司にいじめられているAさんの話を聞いて、Aさんに共感し、思いやりを感じると、Aさんの上司に対して怒りを抱くというように。

実験の第一部はアンケートによるもので、自分の大事な人が、誰かから脅威を感じさせられているとどういう気持ちがするかを尋ねました。すると、思いやりが攻撃性と繋がっていることが見受けられました。

実験の第二部では、唾液サンプルを見て、神経ホルモンを調べました。参加者は思いやりを促すストーリーを聞きます。これは参加者が会ったことのない人(「思いやりダミー」と呼びましょう)に関するもので、この人(思いやりダミー)別室にいると告げられます。この別室にはもう一人(「単ダミー」と呼びましょう)いると告げられます。

彼ら(思いやりダミーと単ダミー)は数学のテストを受け、肉体的苦痛(辛いものを食べる等)がパフォーマンスにどう影響するかの実験に参加すると告げられます。彼らは数学のスコアを競争します。

そこで参加者に、単ダミーに対してどのレベルの苦痛を与えるかが問われます。

結果は面白いことに、思いやりダミーの敵である単ダミーに対して、参加者はかなり高い苦痛を設定すると答えました。単ダミーが別に何か悪いことをしたわけでもないのに、高い苦痛を設定すると答えました。


思いやりが攻撃性を促す面白い実験だと思います。

参照
https://psychcentral.com/news/2014/11/07/compassion-can-drive-aggression/77067.html
posted by ヤス at 02:52| Comment(0) | 心理学実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。